記事

祝ゴジラ生誕60年〜ゴジラが皇居を襲わなかった本当の理由(再掲)

1/2

ゴジラ生誕60年を記念して公開されているハリウッド版「GODZILLA」が世界各地で興業一位の大ヒットだそうであります、中国では初日の売上が歴代一位を記録したのだそうです。

(参考記事)

ゴジラ生誕60年 ハリウッド版「GODZILLA」全米で公開、順調な滑り出し

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140517/ent14051710240015-n1.htm

中国で「ゴジラ」大ヒット 初日売り上げ歴代1位の42億円…ただしハリウッド版ですが

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140618/ent14061816340011-n1.htm

「GODZILLA」 週末興行収入、世界1位 ゴジラの「伝説引き継いでいる」

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140519/ent14051910160004-n1.htm

 APによれば今回の映画は、「1954年に日本で初公開された本多猪四郎監督の『ゴジラ』の『伝説を引き継いでいる』」のだそうです。

 GODZILLAは米国で16日に公開されたほか、欧州やアジア、中東の60以上の国・地域で公開されている。日本での公開は7月25日。米国では、専門家による批評や実際に映画を見た人たちの反応も好意的なものが多いという。

 APはGODZILLAが1954年に日本で初公開された本多猪四郎監督の「ゴジラ」の「伝説を引き継いでいる」とした。東日本大震災を念頭に置いたとみられる原発事故などの場面もある。アーロン・テイラー・ジョンソンさんが主演。科学者役で渡辺謙さんも出演している。

 祝ゴジラ生誕60年、祝ハリウッド版「GODZILLA」世界大ヒットであります。

 実は普段時事問題ばかり取り上げている当ブログですが、怪獣映画フリークでもありまして、過去にゴジラを取り上げたエントリーが今でも人気があり来訪者が絶えないのであります。

 8年前、ゴジラのテーマの作曲者である伊福部昭さんが死去されたときのエントリーであります。

 ゴジラ60周年を祝し、ここに再掲いたします。

 産経コラムの間違いを正したものですが、未読の読者のみなさんが楽しんでいただければ幸いです。

 ・・・

<ゴジラが皇居を襲わなかった本当の理由>(2006年2月10日)

 今日の産経コラムは不肖・木走の怪獣オタク魂に火をつけたのでした。

●破壊王ゴジラでさえ、タブーを守っている~だからどうした産経抄

 本日(10日)の産経新聞コラム産経抄から・・・

九十一歳で亡くなった作曲家の伊福部昭さんは、ゴジラ映画の音楽を担当したことで“おたく族”にも熱烈な信奉者がいるが、テーマ音楽のみならず、ゴジラの鳴き声も「発明」したそうだ。

 ▼封切りが迫るなか、ゴジラの鳴き声が決まらない。録音部が動物園で猛獣の咆哮(ほうこう)をとり、回転速度を変えたり、複数の動物の声を混ぜたりしたが、しっくりこない。そこで音楽担当の伊福部さんがコントラバスの弦を、松ヤニを塗った革の手袋でしごくアイデアを思いついた。空想の怪物に命が吹きこまれた瞬間だ。

 ▼北海道生まれの伊福部さんは幼いころアイヌの歌や踊りに触れ、独学で作曲を始めた。大学も北大農学部に進み、音楽家としては異端の道を歩んだ。だからこそ型にはまらない発想による情念の旋律が生まれた。これまた独学で日本の特殊撮影を世界標準に押し上げた円谷英二氏の映像とあいまって、ゴジラは不朽の名作となった。

 ▼第一作は戦争の記憶も生々しい昭和二十九年に封切られたが、そのときの「東京襲来ルート」が興味深い。一度目は品川周辺だけ。二度目は芝浦に上陸して新橋、銀座を経て永田町の国会議事堂を壊し、平河町から遠回りして上野、浅草と都心を時計回りに隅田川へ消えた。

 ▼平成十六年まで二十八作つくられたゴジラは新宿副都心をはじめ、ニューヨークまで遠征して暴れ回ったが、第一作同様、皇居の付近に足を踏み入れたことはない。「ゴジラ=戦死した兵士の霊」との怪説を唱えた評論家もいるほどだ。

 ▼だからどうした、といわれそうだが、破壊王ゴジラでさえ、タブーを守っている。小泉純一郎首相も皇室典範改正を「政争の具にしない」と繰り返し始めた。その言葉を信じてしばし、見守りたい。

平成18(2006)年2月10日[金] 産経抄 産経新聞

http://www.sankei.co.jp/news/column.htm

 ・・・

 コラムの結語

平成十六年まで二十八作つくられたゴジラは新宿副都心をはじめ、ニューヨークまで遠征して暴れ回ったが、第一作同様、皇居の付近に足を踏み入れたことはない。「ゴジラ=戦死した兵士の霊」との怪説を唱えた評論家もいるほどだ。

だからどうした、といわれそうだが、破壊王ゴジラでさえ、タブーを守っている。小泉純一郎首相も皇室典範改正を「政争の具にしない」と繰り返し始めた。その言葉を信じてしばし、見守りたい。

 そうですか、平成十六年まで二十八作つくられたゴジラはタダの一度も皇居を襲っていないですか。

 ほほう「ゴジラ=戦死した兵士の霊」との怪説を唱えた評論家もいるほどですか。

 そうですか、ゴジラが皇居を襲わないのは「破壊王ゴジラでさえ、タブーを守っている」ですか?

 ふーん。

 だからどうした産経抄!

 ・・・

 「平成十六年まで二十八作つくられたゴジラ」作品ってこれですよね(読者へのサービスとして封切り日と観客動員数付きにしてみました(苦笑))

【ゴジラ全作品】

No作品名公開年月観客動員数
01ゴジラ昭和29年(1954)11月3日961万人
02ゴジラの逆襲昭和30年(1955)4月24日834万人
03キングコング対ゴジラ昭和37年(1962)8月11日1255万人
04モスラ対ゴジラ昭和39年(1964)4月29日720万人
05三大怪獣 地球最大の決戦昭和39年(1964)12月20日541万人
06怪獣大戦争昭和40年(1965)12月19日513万人
07ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘昭和41年(1966)12月17日421万人
08怪獣島の決戦 ゴジラの息子昭和42年(1967)12月16日309万人
09怪獣総進撃昭和43年(1968)12月20日258万人
10ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃昭和44年(1969)12月29日148万人
11ゴジラ対ヘドラ昭和46年(1971)7月24日174万人
12地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン昭和47年(1972)3月12日178万人
13ゴジラ対メガロ昭和48年(1973)3月17日98万人
14ゴジラ対メカゴジラ昭和49年(1974)3月21日133万人
15メカゴジラの逆襲昭和50年(1975)3月15日97万人
16ゴジラ昭和59年(1984)12月15日320万人
17ゴジラVSビオランテ平成元年(1989)12月16日200万人
18ゴジラVSキングギドラ平成3年(1991)12月14日270万人
19ゴジラVSモスラ平成4年(1992)12月12日420万人
20ゴジラVSメカゴジラ平成5年(1993)12月11日380万人
21ゴジラVSスペースゴジラ平成6年(1994)12月10日340万人
22ゴジラVSデストロイア平成7年(1995)12月9日400万人
23ゴジラ2000 ミレニアム平成11年(1999)12月11日200万人
24ゴジラ×メガギラス G消滅作戦平成12年(2000)12月16日135万人
25ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃平成13年(2001)12月15日240万人
26ゴジラ×メカゴジラ平成14年(2002)12月14日170万人
27ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS平成15年(2003)12月13日110万人
28ゴジラ ファイナル ウォーズ平成16年(2004)12月4日100万人

 悪いけど、不肖・木走は全作品鑑賞してますから。(←誰にえばってんだ、誰に)

 ・・・

あわせて読みたい

「シン・ゴジラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  4. 4

    幻冬舎騒動 批判すべきは見城氏

    常見陽平

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  7. 7

    携帯大手3社 明暗分ける新プラン

    S-MAX

  8. 8

    結婚できない男性に特徴的なこと

    文春オンライン

  9. 9

    勉強できる人とできない人の違い

    ヒロ

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。