記事

とちぎ未来塾生徒に講演

 今、全国的に自民党の政経塾がある。若い人を育成するための政治学校だが、夫々の地域の特色を生かして、名前もスケールも色々だ。

 栃木県の場合は「自民党とちぎ未来塾」、塾長は経済産業大臣の茂木敏充氏だが、彼は私が通産大臣時代の優秀な政務次官だった。その生徒30人余りを前に、7月12日、党本部で1時間講演した。

 「人生を如何に生きるべきか」をテーマに論じたが、皆熱心に聴いてくれた。終了後、何人かの生徒から質問があったが、次々と手を挙げる積極性に感心した。

 中に、「慰安婦問題について、事実に反した河野談話が、日韓関係の今日の混乱を招いた。何故、自民党は国会に河野氏を喚問しないのか」との質問があった。

 6月20日、「河野談話作成経過の検証報告書」が発表された。安倍総理の言うように、河野談話を「見直すつもりは無い」としつつ、「検証はする」となったのだが、この内容は十分に事実を報告したとは言い難い。かろうじて判ったのは、韓国側の一方的な要求に従って書かされたという事実だ。

 わずか16人の元慰安婦の曖昧杜撰な聞き取り調査を元に作られたものが、今や事実であるかのように世界に喧伝されてしまった。

 韓国では故意に「挺身隊」と「慰安婦」を同一視させているが、そもそもそれが大違いで、挺身隊は勤労奉仕の女性の団体で、慰安婦とは全く無関係なのだ。

 報告書では、事実を曲げてでも「強制」を認めさせようとした韓国側に対して、日本側は「強制は確認できない」としている。私とも親しかった石原信雄元官房副長官は、国会で「強制性があったとは絶対にいえない」と発言している。

 河野談話にも、軍の強制と言う表現は無かった。ただ、その後の記者会見で、「強制連行の事実はあったという認識か」という質問に、「そういう事実があったと、(それで)結構です」と答えている。評論家の櫻井よしこ女史がいうように、政府の立場をこえて独断で「強制」を認めたこの発言が全ての元凶になっているのだ。

 塾生に対して私の答えは、「河野さんを国会に喚問して、何か良い結果が得られるのだろうか、韓国に又いたずらな口実を与えるだけで、意味がないと思う」であった。

 慰安婦問題や靖国神社問題など、韓国の反日的主張は全て政治的発言で、国内で時の政府に対する不満が溢れると、決まって繰り返される常套手段なのである。

 それにしても、近年の韓国による日本叩きは呆れるほどだ。大使館前に慰安婦像を建て、なんとアメリカの各地にも建てて宣伝材料にする。彼らの悪質な宣伝はとどまることを知らない。むしろ私に言わせれば、日本の反論、宣伝が皆無と思われるほど少ないのが問題なのではないか。おそらく外務省を中心に「事なかれ主義」「敗北主義」、もっと言えば自虐的考えが蔓延しているのではないか。

 日本には「ロビー活動」を軽視、あるいは蔑視する傾向がある。私が大臣現職時代、WTOなど様々な国際会議に出席したが、少しの時間を惜しんで各国の大臣に個々に会い、日本の主張を納得させるための、いわゆるロビー活動を活発に行ったものだ。ロビー活動で驚くほどの成果を得たと、今でも自負している。

 日本の国益を守るために、あらゆる努力を尽くさなければならないのだ。「河野喚問より、積極的なロビー活動こそ、国を挙げて行うべきだ」と私は述べた。

 それにしても、近頃の韓国の動きはどうだ。

朴大統領の言動など、呆れてものが言えない。あらゆる点で為政者に相応しくない無能力さで、今や韓国での評価は地に落ちているが、自己保全の為に、ひたすら反日運動一辺倒なのだ。

 なんと、今、韓国政府は「米軍慰安婦」だった女性122人から国家賠償の集団訴訟を起こされている。1960年代から80年代にかけて、韓国政府は在韓米軍の為に「米軍慰安婦」を管理し、売春を奨励して来たのだ。今の大統領の父朴正熙大統領時代のことだ。昨年11月、韓国国会でも取り上げられたが、何故かかの地のマスコミは大きく報道しない。それでよく日本のことが言えるものだと呆れるではないか。

 おまけに、最近の中国との蜜月ぶりはどうか、習近平国家主席が訪韓して、今や「反日」でつながった最大のパートナーと言う。歴史的に見て、私には中国の属国に成り下がったとしか思えないのだが・・・。

 少なくとも日米韓は同盟国のはずなのに、全く仁義をわきまえない、馬鹿な行動ではないか。

 こうなったら、当分、日本は韓国を無視するしかない、相手にしな方が賢明なのだ。

報道によると、日本の自衛隊がソウル市内のロッテホテルで創立記念の催しをする予定であったのが、直前に拒否されたという。なんで今、そんなところで大事な会を開こうとしたのか、一体、自衛隊側が何を考えているのか理解できない。人が良すぎると言うより愚かすぎるのだ。

 こうなったら、ロッテと名のつくものは、これからは、こちらで拒否しようではないか・・・。

あわせて読みたい

「日韓関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。