記事

会社を変えることで社会を変えるアプローチ(グーグル編)

リンク先を見る

すごく嬉しいことがあったので、サラッと書いておく。

先週、グーグルがNPO向けに、非常にインパクトのあるGoogle for Nonprofitsというサービスを日本で開始した。

詳しくはこちら→http://www.google.co.jp/nonprofits/

中身にも触れたいところだけど、そこは置いておいて、なぜグーグルがこんなサービスを始められたかを書きたい。

今回のサービスが実現したのは、グーグル日本支社の中に様々な課題を乗り越えて強力に推進する動きがあったからだ。

そして、この動きを主導していたのは、何を隠そう、まだ入社2年目の三好大助(25歳)という男だ。

ちなみにこの男、ただのビジネスパーソンではない。

学生時代には、グラミン銀行の職員として働いたり、e-Educationという途上国の教育に革命を起こす映像教育の事業をバングラデシュで立ち上げる等々、NPOの世界でさんざん暴れ回っていた若武者だ。

今から3年近く前、彼が就職活動で悩んでいた時、少しだけ悩み相談に乗ったことがある。僕は大したアドバイスはできなかったけれど、彼がこんなことを言っていたのを覚えている。
「正直、このままNPOの道に進むのもありだと思ってます。でも、グーグルとか、世の中に大きな影響のある企業でその会社のサービスを変えることによって社会を変える生き方にも、とても意味があると思うんです
そして彼は実際にグーグルという組織に入り込んで、たった1年ちょっとで、会社と世の中とを変えてみせた。

あまりにも鮮やかな早業に、彼に心から敬服するとともに、彼のような人間がもっと増えていきさえすれば、日本社会は大きく変わることだってできるんだと、確信させてもらった。

ゼロから変革を起こす社会起業家も必要かもしれないけれど、もしかするとそれ以上に、今既にあるリソースを社会変革のために振り向ける動きをできる人こそ、求められているのかもしれない。

それにしても、三好大助、あっぱれです!

ローンチイベント当日の、およそサラリーマンとは思えないような熱のこもったプレゼンも、大好きでした。

お前は本当にすごい。そして、ありがとう。
立ち上げてもらったサービスを武器に、明日から、自分は自分の持ち場で頑張っていこうと思います。

リンク先を見る
↑会場にいたNPO関係者が引くくらいの熱弁を振るうグーグラー三好

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  6. 6

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  7. 7

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。