記事

Googleに見るIT革命の行方

少し前まで「テクノロジーの進化」と言えば、半導体の微細化や液晶の薄型化、省電力化に象徴されるようなハードの進化を指すことがほとんどであった。株式市場でも、半導体大手の月次在庫や、装置メーカー、化学メーカーの最新動向などに一喜一憂していたものだが、今ではあの手の山師たちは何処へ行ってしまったのか、正直言ってよくわからない。

それに変わって近年では「テクノロジーの進化」と言えば、ITサービス系のソフトの進化を指すことが当たり前になってきた。中でも、トップランナーというか、すでにルールメーカーの地位を確立しつつあるのがGoogleである。検索エンジンとして世界制覇を完了したのは周知の事実であるが、彼らは今、ITの力で世界を変えるような壮大なビジョンを有している。

その前段階として、近い将来に制覇を狙っている分野に関しては、すでに私たちにも見えるかたちで動きを示している。それを簡単にテーマごとにまとめると、「プラットフォーム・OSを制する」「インターフェイスを制する」「クラウドを制する」「通信インフラを制する」「エネルギーを制する」「デバイスを制する」と大別できる。

例えば、Androidを搭載したGoogle Glassで見たものにウインクをすると、その商品をGoogleで検索でき、内容を見て欲しいと思ったら「買い」と声を出せば、その場で購入できる。Googleは自社のプラットフォームからECサイトへ送客をし、成果報酬を徴収する。これらのデータ通信そのものは、すべてがGoogleの仮想通信ネットワークインフラによって成されており、Ciscoのルーターなどをまったく経由していない。
消費者の行動履歴、購買履歴等もすべてGoogleのクラウドに自動保存されている。それだけではなく、すべての電気機器の使用状況や自動車での走行データ、生体情報などもクラウドに保存されており、家に帰るとGoogleのロボットが自己学習アルゴリズムによってそれらを分析した結果、健康からお金の管理まで、的確なアドバイスをくれる。

これらは私の想像に過ぎないが、現時点で見えている事業をつなぎ合わせることで実現可能な世界である。自動車の自動運転も、ロボット技術も、無人飛行機も、仮想通信ネットワークも、OSも、ウェアラブル端末も、動画も、広告も、自動翻訳も、ITの力を駆使した一歩先の世界では、すべてが一つの線となってつながってくる。

ただ、CEOのラリー・ペイジが描く更に先の未来については、仕事やライフスタイルの変革にまでイメージが及んでいる。彼は、『人間はもっと時間に余裕があるべきで、己を捨ててまで忙しく働かなければならないという考え方は間違っている』と述べており、情報へのアクセスの障壁を徹底的に下げ、効率化することで、豊かな社会が実現できると考えているようだ。

私が彼の発言を聞いていて思ったことは、「17世紀の産業革命によって生まれた資本主義経済そのものを変えるほどのパワーがあるかもしれない」ということだ。もしかしたら彼ら自身も気づいていないことかもしれないが、この流れが本当に「革命」級のものであるならば、それくらいのシナリオがあってもよいだろう。仕事が究極まで効率化された時、そこには資本の必要のない社会が待っている。

投資家が資本主義経済の終焉を予想するというのは、なんとも皮肉な話であるが、Googleに引導を渡されるというストーリーはなかなか悪くはない。「新しい仕事を見つけてくれないか、失業しちゃったよ」と、家のロボットに聞いたら「何を言っているのですか、貴方はもう仕事をする必要なんてないんですよ、ご主人様」と言ってくれるに違いない。

これまでのテクノロジーはCPUやネットワークが先行して進化を遂げてきたが、足元では遅行して、ITサービスの進化が加速し、情報化社会そのものが驚異的なスピードで動き始めている。その中でGoogleが占める役割は極めて大きく、彼らの歩む道こそが「IT革命」の本命である可能性は高い。今後とも彼らの動向は細心の注意を払ってウォッチしていくべきだろう。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    五輪警備の機動隊 ワクチン接種が終わらず、毎日“揚げ物弁当”で不満の声

    SmartFLASH

    07月23日 06:00

  3. 3

    物議を醸す白鵬の「カチ上げ」横綱にふさわしくない行為なのか

    新井克弥

    07月22日 16:26

  4. 4

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  5. 5

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  6. 6

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  7. 7

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  8. 8

    「残念ながら最悪のシナリオを辿っている」東京五輪後に国民が被る大きすぎる代償

    PRESIDENT Online

    07月22日 11:07

  9. 9

    会社にとって「お荷物な社員」ってどうして発生するの?と思った時に読む話

    城繁幸

    07月22日 15:30

  10. 10

    ドイツでの感染症対策の在り方と日本の違いがあまり理解されない件で

    やまもといちろう

    07月23日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。