記事

“のりこえねっと”が昨年振り返りシンポ――反レイシズムで社会の合意を

画像を見る

左から八木啓代、石坂啓、寺脇研の各氏と、司会の辛淑玉氏。4月末に出版した『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?』をテーマに鼎談。(撮影/渡部睦美)

6月11日、反レイシズムの風が東京・千代田区の明治大学に吹き寄せた。差別を扇動するヘイトスピーチに対抗する団体「のりこえねっと」主催で「のりこえシンポ」が開かれ、主に首都圏で活動するメンバーなどが一堂に会した。

のりこえねっとの辛淑玉・共同代表は冒頭で、のりこえねっとが確認できただけで昨年のヘイトデモ件数は360件以上にのぼったと報告。ただ、「360件でおさまったのは、たくさんの人たちがカウンター活動をしたから」とした。

第1部では各団体からの活動報告、今後の展望が示された。「レイシストをしばき隊」を母体にしてできたC.R.A.C.(Counter-Racist Action Collective)の野間易通さんは、ヘイトデモに反対するカウンターの動きに関し、「これまでとの違いは、集まる人のほとんどがマジョリティーである日本人」と話した。ヘイトスピーチの蔓延は「民主主義の危機」との認識だ。

「超圧力」で在特会(在日特権を許さない市民の会)のヘイトデモを止めていくと意気込む男組の高橋直輝さんは、「今後は地方にウエートを置いた活動をします」とした。カウンター活動の周知に力を入れる女組の山下歩さんは、4カ国語で書かれた宣伝のカードを紹介。6、7月には都内で展示会を開く予定だ。差別反対東京アクションの石野雅之さんは、「人種差別撤廃都市宣言を都議会で採択させたい」と、今後の見通しを語った。

第2部では石坂啓・本誌編集委員、寺脇研・京都造形芸術大学教授、ラテン歌手でジャーナリストの八木啓代さんが鼎談。八木さんは、「セクハラ、パワハラはいけないというコンセンサスができてきたように、今後は(レイシズムに対して)レイハラは恥ずかしいという認識を作っていくべき」と主張。寺脇さんは「誤読と曲解でデタラメなことを言う人たちに対抗するためには、対抗する側ももっと学ぶべきことがある」とした。

(渡部睦美・編集部、6月20日号)

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  5. 5

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。