記事

安倍総理の解釈改憲を打倒する決意

本日、安倍総理により、憲法9条の解釈改憲が強行されました。
解釈改憲の閣議決定は、立憲主義、国民主権、議院内閣制、法の支配(法治主義)を否定する政治的クーデターというべき空前絶後の暴挙です。

しかし、この閣議決定は、それ自体が憲法9条及び前文等に違反し、日米安保条約第3条や内閣法などの法令に違反する閣議決定として無効のものであり、憲法9条の法規範は何ら変わることなく今までどおり存在し続けます。
※以下の分析ペーパーをご参照http://konishi-hiroyuki.jp/140627-2/

私は霞ヶ関官僚を12年間務めましたが、政府が法令の解釈変更を行う際には、あらゆる条文と矛盾抵触しないか検討の限りを尽くします。

しかし、この度の自公与党協議は憲法9条以外の論点(※)を何ら検討しておらず、こうした常軌を逸した過程で生み出された閣議決定の内容は「憲法の条文や他の法令の条文と矛盾だらけ」であり、これを論争の火の海にすることにより、本日の解釈改憲を安倍政権の終焉の幕開けとする決意です。

本日18時からの安倍総理の記者会見は、官邸による報道統制のもとの出来レースでしたが、それでも安倍総理の説明は同じフレーズの繰り返しによるしどろもどろで聞くに堪えないものでした。安倍総理は、今回の閣議決定の内容についても、論理的な理解はろくすっぽ出来ていないのでしょう。

なお、閣議決定は法的に無効ですが、形式上は別の内閣で「解釈改憲の閣議決定を撤回する閣議決定」を行う必要があります。こうした先例を改める閣議決定の例は幾らでもあることです。そのために、第二次安倍内閣を一刻も早く打倒すべく全力を尽くします。

 さらに、そのために、今回の安倍総理の蛮行を招いた大きな責任の一端を有する民主党の解釈改憲への対抗姿勢の在り方について、意を決して改革に取り組んで行きます。

また、安倍総理と異なりこれまで複数の重要政策を立案し実行してきた経験を総動員し、憲法9条の恒久平和主義と専守防衛のもと、日本国民と国益を守り、諸外国とともに共存していく外交安保政策を包含した平和創造政策の構築に取り組んでいきます。
http://konishi-hiroyuki.jp/heiwa/

2014年7月1日
参議院議員小西洋之


 憲法前文における、(1)「日本国民は、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が生じることがないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し」た、すなわち、国家による戦争を許さないために採用された「国民主権」の原理から、集団的自衛権行使という新しい戦争行為を可能とする国民投票なき解釈改憲の閣議決定は憲法違反となり、(2)同じく前文における全世界の国民に対し確認する「平和的生存権」との関係からも、日本国民に生命の危険が生じていないにも関わらず第三国の国民を武力攻撃により殺害する(=当国民の平和的生存権を奪う)こととなる集団的自衛権行使は憲法違反とならざるを得ない。

 この度の主権者である国民不在の強行、議院内閣制の下に内閣の憲法解釈を監督する使命を有する議会不在の強行は、内閣法第1条に真っ向から違反する。

■内閣法第1条
第一条 内閣は、国民主権の理念にのつとり、日本国憲法第七十三条その他日本国憲法 に定める職権を行う。
  2 内閣は、行政権の行使について、全国民を代表する議員からなる国会に対し連帯して責任を負う

あわせて読みたい

「集団的自衛権」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。