記事

女が働けば男も幸せになれる。北陸に見る女と男の幸福度 - 後藤百合子

■専業主婦は怠け者!?

20年近く仕事で北陸に通っていますが、東京や大阪を含む他の地域と比べて非常に違う点があります。それは、取引先の女性の担当者がほとんど辞めない、ということです。

経験からお話しすると、他の地域で男性の場合、定年退職や死亡を除くと入社5年以上の社員の方の離職率は2割に満たない会社がほとんどです。逆に女性の場合は、転職も含め結婚、子育てなどの理由で9割以上の担当者が辞めていきます。私が入社以来ずっとおつきあいしている女性担当者は北陸以外では両手で数えるほどしかいません(男性は数百人にのぼります)。それだけに、北陸女性の職場定着率は少々異様なくらい高く映るのです。

もちろん彼女たちがみな独身で出産しないのではありません。

多くは子供をもつワーキングマザーで(だいたい2~3人のお子さんがいます)、出産後数か月の育児休暇を取り仕事に復帰。子育ては保育園と同居の祖父母に頼み、話を聞いていると平日の食事の支度も祖父母にお願いしていることも多いようです(祖父母は舅姑の場合と実の両親の場合と両方あります)。

特に福井では、昔から女性が外に出て働くことが美徳とされてきたため、祖父母世代も積極的に子育てを手伝うのが当たり前。逆に都市圏から結婚でやってきた女性が出産後仕事を辞めて専業主婦になると「あそこの嫁は怠け者」という評判が近所でたってしまう、という話まであるそうです。

■正社員が当たり前の北陸女性

北陸3県の女性就業率が高いというのはデータで実際に示されています。

画像を見る
「25~44歳の育児をしている女性の都道府県別占有率」(平成24年度総務省統計局)

全国平均が52.4%強に対し、1位島根(74.8%)、2位山形(72.5%)に続き3位に福井(72.1%)が入り、4位鳥取(71.8%)の次に5位富山(68.3%)、6位石川と続きます。

また、2002年の就業構造調査(総務省統計局)によると、都道府県別の女性正規雇用就業率は1位福井、2位富山、3位石川、4位山形、5位鳥取となっており、ほぼ就業率とかぶりますが、北陸3県では正社員として働いている人が多いことがわかります。

一般的に子育てでいったんブランクがあってから正社員で働くのは難しいことから、北陸の女性の多くは出産後も退職せずに正社員のまま働き続ける人が多いと言っていいでしょう。

■1人あたり収入が少なくても2人合わせたら負けてない。

それでは正社員として働く北陸女性の年収はどうでしょうか?

こちらは転職サイトDODAの2013年度版都道府県別年収統計ですが、1位の神奈川県480万円に比べて、石川県と富山県が401万円で並びそれぞれ28位と29位、福井にいたっては380万円と47都道府県中43位で下から数えたほうが早いくらいです。

しかし、これを女性の就業率の表とクロスさせてみると違う結果が浮かび上がります。

神奈川は女性の就業率が最低、ということは、男性に比べて賃金が低い女性が働いていないので1人あたりの平均年収が高くなっていると言えるでしょう。逆に北陸では女性が働くので全体的に年収を押し下げている。

これを夫婦2人の年収でみた場合、男性は全員働いていると仮定して、福井県は約72%の女性が働いているので、380万円x1.72倍=654万円、神奈川県は約45%の女性が働いているとして480万円x1.45倍=696万円と差は大幅に縮まり、富山になると401万円X1.68倍=674万円とほぼ神奈川に並ぶ水準になります。(男性のみの賃金はもう少し高くなると思われるので、実際には差はもっと縮まるか逆転もあり得ます)

■統計には出てこない副収入

しかも北陸にはこの統計からはわからない恐るべき秘密兵器があります。

それは副収入です。

平成17年の農水省の調査によると全世帯に占める農家の割合は全国平均で5.65%。神奈川は0.81%です。逆に福井では13.1%、富山10.7%、石川でも7.5%と農家の数が非常に多く、そのほとんどが兼業農家です

つまり、サラリーマンとして働く傍ら、家族で農作業をして農業収入がある世帯が一定数存在するということですが、私が聞いた範囲では、販売はしないけれど自分の家で食べる分の米や野菜は作っているという、この統計に入らない世帯も非常に多いのです(しかも福井では冬は麦、夏は米の二毛作が普通に行われています)。

またもう一つ、北陸の地場産業である繊維業には人の手で行う軽作業の内職仕事がつきもので、この副収入も見逃せません。実際、田んぼの中にぽつんと小さい小屋が建ててあり、引退した祖父母が農作業の合間にその小屋の中で内職をしている、というのはよくある光景です。

北陸のカップルたちは正社員としての定期収入 + 兼業農家収入(と食糧) + 同居祖父母の内職収入の3本柱で生活がしっかりと支えられているのです。

《参考記事》
■ 英語が話せなくてもグローバル人材になれる!?
■ 働く女性が事実婚したらどうなる? 事実婚歴23年の経験者が語るメリット・デメリット
■ 日本人留学生が、世界で歓迎され始めた理由
■ 止まらない英会話学習狂想曲(前編)
■結局「女性活用」って何すればいいの?

後藤百合子 経営者

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  2. 2

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  3. 3

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  4. 4

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  6. 6

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  7. 7

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  8. 8

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

  9. 9

    小沢氏は国民民主で役に立たない

    早川忠孝

  10. 10

    堤真一 慕った佐藤浩市共演NGに

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。