記事

協会ビジネスは商標の争奪戦!明日は我が身。使っちゃダメと言われないうちに。

今日はぼくの知り合いで某協会の理事の方にお話を聞いてきました。どうやら他の協会ビジネスでも水面下で商標の争奪戦が繰り広げられているようなんです。

協会ビジネスにとって商標(協会名や講座名)は商売道具の一つです。その商標で宣伝し、存在を知ってもらい、ビジネスの依頼を受けるからです。ビジネスが成功するかどうかは商標次第でといっても過言ではないでしょう。

ところが商標を守る(登録する)ことに関してはみなさん意識していないようです。というか、商標を守るっていう概念そのものが知られていないので仕方がありません。そんな方々を支援するのがぼくの使命です。

自分たちの商標だと証明できることが重要

商標登録の最大の目的は、そのビジネスの商標は自分のものだ!と証明することです。商標登録するには特許庁に商標登録出願します。そして審査を通過して無事に登録されると、登録番号が付与されます。つまり商標登録の番号が発行された日からその商標が自分のものだと証明できるわけです。お上のお墨付きってやつです。

逆にお上のお墨付きがなくて、自分のものだって証明するのは相当大変です。たとえば新聞や雑誌に取り上げられた記事を段ボール一杯になるくらい集めたり、数百人にアンケートとってその名前の認知度を定量的に証明したりしないといけません。

商標登録すべきかどうかお悩みの方は、その商標が自分たちのものと証明できなくなってしまったとき、どのくらいビジネスに影響するかを想像してみてください。

先に使ってても商標登録したもの勝ち

これについてはつい最近でもわかりやすい事例が出てるのでそちらをご確認ください。簡単に言うと、長年使ってたとしても、よっぽど有名にならないかぎり、商標登録されたら危ういということです。

こわいのは退会後の会員の動き

協会ビジネスといえば、会員や受講生からの会費や受講料によって収益化するのが一般的ですよね。この場合、注意すべきは会員との関係です。関係がうまくいっているときは問題ありません。協会発展のためにメンバーとして活動することが、その会員のメリットになるからです。

ところがその会員が退会して独立後に同じ協会名や講座名をつかってビジネスをはじめることがあります。退会するときに良好な関係だったら、後々にその講座名の使用をやめるようにやんわり言えるかもしれませんが、仲たがいしている場合はそうもいきません。

同じ協会名や講座名がたくさん存在することで、お客さんは混乱してどれが正規の(信頼できる)ところだかわからなくなります。また既存の会員としても、同じ協会名や講座名を使われはじめたら、自分の協会について不信感をもってしまうかもしれません。

≪まとめ≫

協会名や講座名を商標登録する意義は、ライバルを攻撃することではなく、協会の存続を維持することです。また協会の存続を維持することは、会員の生活を守ることにもなります。たかが商標と甘く考えていると、あとあと取り返しのつかないことになりかねません。

2014年6月29日

著者 ゆうすけ

あわせて読みたい

「商標」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  3. 3

    食材追求した料理人に農家で皮肉

    幻冬舎plus

  4. 4

    韓国が戦略石油備蓄の放出検討へ

    ロイター

  5. 5

    政治家が被災地視察 迷惑の声も

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    韓国法相任命 正恩氏の指示と噂

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  8. 8

    世界大学ランキング 日本の課題

    ヒロ

  9. 9

    千葉の復興妨げる観光自粛を懸念

    かさこ

  10. 10

    佐野SAスト1か月 資金残りわずか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。