記事

集団的自衛権、性急な議論の裏にある官僚の思惑

 集団的自衛権の行使容認を巡る政府・与党の議論が佳境に差し掛かっています。与党協議が始まって以降、議論の内容や焦点はめまぐるしく変わり、国民どころか多くの政治家もついていけていません。性急な閣議決定を目指す背景には、官僚たちの“ある思惑”が見え隠れしています。

 政府の有識者会議(安保法制懇)が集団的自衛権の行使を認めるよう求める報告書を提出したのが5月15日。それを受けて自民、公明両党の協議がスタートしたのは5月20日です。

 それから1か月強が過ぎた昨日、政府は与党に閣議決定の最終案を提示しました。公明党も大筋で理解を示しており、政府・与党は7月1日に閣議決定する方向で最終調整に入っています。

 政府は当初、自衛隊の後方支援活動の範囲について「戦闘現場での支援」など4つの条件をすべて満たさなければ問題ないとの見解を提示しました。ところが公明党が「自衛隊の活動が戦闘行為に限りなく近づく」と反発すると、たった3日で撤回。より厳格な「3基準」を持ち出しました。

 今月20日には自民党がそれまで議論になっていなかった「集団安全保障による武力行使」を突然提示。これは国連による制裁などに加わることを意味しますが、一部マスコミや公明党などが強く反発するとまたもやあっさりと撤回しました。

 27日に政府が提示した閣議決定案でも集団安全保障に関する記述は見送りましたが、政府が国会答弁などに備えて作った想定問答集の中では「許容される」と明記していることが発覚。マスコミの報道を追いかけている多くの国民の皆さんは混乱していることでしょう。

 安心してください、理解が難しいのはあなたのせいではありません。国会議員だってこの議論には追いついていけてないのですから。

 自民党は与党協議が進展するたびに党内の会合を開いて説明していますが、まともな議論はほとんどないそうです。日々、めまぐるしく議論の中身が移ろう中、防衛分野の専門家でない限り状況をすべて把握し、専門家を相手に議論するのは困難だからです。

 集団的自衛権の行使容認を実現したい官僚たちの狙いはそこにあります。外務省にとって集団的自衛権の行使容認と集団安全保障による武力行使の解禁は積年の悲願。憲法の縛りから解き放たれ、日本外交の選択肢が大きく広がるからです。

 しかし、彼らは憲法解釈の変更が「強硬手段」であることも認識しています。国民の理解を得るのは難しいし、議論が長引けば異論がさらに膨らむこともわかっています。だから急いで閣議決定まで持っていこうとしているのです。議論が深まらないようにしているのです。官僚の常とう手段です。

 一部マスコミの「反対のための反対論」や「集団的自衛権の行使を認めれば日本が戦争に巻き込まれる」といった決めつけにくみするつもりはありません。いつまでも議論を続ければいいとも思いません。

しかし、今回の閣議決定で憲法解釈の変更で何が具体的に変わるのか、日本の外交・安保がこれからどうなっていくのか、ほとんどの国民がまったく理解できていない中で決めるべきでしょうか。国会議員ですら議論の詳細を理解していない中で決めるべきでしょうか。

本来、国民の理解を求めるのは政治の役割です。性急に決定しようとする官僚を抑え、丁寧に党内の議員や地元の有権者に説明することこそ政治に求められる役割です。そうした努力をせず、官僚の思惑通りに物事を進めるのは「官僚主導の復活」にほかなりません。

自民党の地方議員が慎重な議論を求める意見書を出したところ、高村正彦副総裁は「地方議会であっても、日本人であれば慎重に勉強してもらいたい」と批判したそうです。この姿勢にこそ、問題の本質が隠れている気がします。

あわせて読みたい

「集団的自衛権」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。