記事

適正手続き(憲法31条) - 川口創

1/2

99.9パーセント有罪の壁



 日本の刑事裁判では、いったん起訴されてしまえば、99.9パーセント有罪です。1000件に1件も無罪判決はありません。これはあくまでも「起訴されたら」ということす。逮捕され検察官に送致されても、統計上およそ半数は起訴猶予あるいは不起訴となるし、起訴された事件も、その多くは自白事件であり、否認事件の割合は必ずしも多くはありません。
 
 しかし、「99.9パーセント有罪」という数字は、それ自体が刑事裁判を支配する強固な「既成事実」となっています。この「既成事実」に従って有罪判決が毎日量産されており、その中にえん罪がある可能性は否定できません。

適正手続きを定めた憲法31条の実践



 僕自身は、弁護士になって10年弱の間に数件無罪判決を得ています。
 うち2件は高裁での逆転無罪判決でした。一件は強盗殺人未遂事件でしたが、「被告人は犯人ではない」という正面からの無罪判決でした。もう一件は、特捜部が某企業を立件してきた事件であり、マスコミから会社たたきもなされた事件です。こういった事件で一審有罪であった事件を逆転無罪としたのですから、99.9パーセント有罪という高い壁に必要以上に恐れおののく必要はないかもしれません。
 
 しかし、重大事件であればあるほど、勢い裁判の中での有罪のベクトルは強くなります。
 
 だからこそ、弁護人としては、憲法31条の「適正手続き」の重要性を裁判官に自覚させ、冷静な頭で事件に向き合う姿勢を引き出すことが大事になってきます。否認事件の厳しい闘いの局面では、憲法31条を使うということも重要であり、それが功を奏することもあるからです。

しかし現実は圧倒的に有罪



 しかし、僕は同時に否認事件で有罪判決も何件も得てきました。その都度悔しい思いや激しい憤りを感じてきました。その中で、日本の刑事司法の問題を痛感してきました。今回は、この場で、特に裁判官の姿勢についてを述べていきます。

捜査段階で作られた「調書」を偏重する裁判



 まず、日本の裁判では、裁判官は法廷で自分の目の前で話をしている被告人の言葉よりも、捜査段階で作られた「調書」、特に検察官が取り調べて作った
「調書」をはるかに重視してきました。その結果、警察や検察が供述調書さえ作ってしまえば有罪が保証されるシステムが作り上げられてきたのです。
 
 検察官は、自分の見立てに従って調書を「作成」し、検察官のストーリーに被告人を「誘導」していく。近年、取り調べ時のあからさまな暴力などはほとんどないですが、密室での長時間の取り調べで、検察官が被告人をうまく誘導していくことはそう難しいことではないでしょう。
 
 そして、検察官がつくった調書が法廷で重視され、有罪となっていくのです。
 
 99.9%有罪、というのは、こういった刑事訴訟の運用の結果でもあります。

裁判官の姿勢の問題



 また、裁判官の姿勢にも問題があります。多くの裁判官は、「被告人にだまされないぞ」と疑ってかかっています。それは同時に警察、検察を「過信」してしまっていることを意味します。
 
 その結果、違法な捜査があっても、また警察のねつ造の疑いなどがあっても、よほどのことがない限り、無罪にはしません。
 
 僕が最近国選事件で担当した事件では、一審で「警察官の証拠ねつ造の疑いがある」として無罪判決が出されたのに、高裁は「一般に警察が自ら手を染めてまで証拠のねつ造をする可能性はない」との理由で逆転有罪、実刑となりました。
 
 同じ日に、大阪地検特捜部元検事が証拠ねつ造をしたと自白をしており、「捜査機関が自ら手を染めてまで証拠をねつ造しない」という裁判官の経験則が正しくないことは明らかになりました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  8. 8

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  9. 9

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  10. 10

    二階氏の「努力不足」発言に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。