記事

【サッカー】W杯終戦の先に見える未来は…

1/2
 2014年ワールドカップ・ブラジル大会。
 日本の戦いは終戦した。
 可能性が低いことはわかっていたことだが、やはり、残念というか寂しい。
 日本が1戦でも多く試合ができることを期待していたから、それが見られなくなったのは虚脱感に包まれる。試合当日の朝は、イタリアとウルグアイの試合も見ていたから、徹夜だった。眠れなかったのだ。徹夜明けで、この敗戦は堪える。
 W杯はまだ続くが、もう極度にワクワクして見る試合はない。まるで恋人に別れを告げられかのように、辛くて寂しい。
 4年間、楽しみにしていたワールドカップ。
 あっけなく終わってしまった。この喪失感は、しばらく引きずりそうだ。

 ザッケローニ監督は、正式に退任を表明していた。
 責任を取るのが監督だからしかたはないが、人間的にザックは好きだったんだけどね。
 後任監督して、何人かの名前が挙がっているし、売り込みも多いという。4年後に向けて、顔を上げて歩み始めなくてはならない。新しい監督になれば、選ばれる選手の顔ぶれも変わるだろう。ブラジル大会で出番のなかった若い選手が、世代交代も含めて、主力になっていくと思われる。
 また、4年、待たなくてはならない。
 ファンは、応援し、見守り、期待して待つことしかできない。
 次回のロシア大会は、4年後の政治的な世界情勢も考えると、どうなるかの不安要素もある。ロシアとアメリカ・欧州の対立が激化すると、開催そのものが危うくなるかもしれない。オリンピックでもそうだが、スポーツと政治は切り離して考えるのが建前ではあっても、大きく影響されることは否めない。
 4年後に日本が再びW杯に出られるという保証はないが、出て欲しいし、より上を目指して欲しい。
 歓喜の瞬間は、4年後までお預けだ。

選手の採点方法についての提案

 コロンビア戦の採点を、イタリア紙と日本紙とで比較してみると、着眼点や点数にずいぶん違いがあることがわかる。イタリア紙の中でも「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、比較的甘い採点になっているが、コメントを含めて、私の感覚に近い。日本のメディアの参考として、「フットボールチャンネル」の採点を並べてみよう。

▼イタリア三大紙、ガゼッタ・デロ・スポルトの採点
イタリア三大紙が採点を発表 本田にチーム最高点の評価も、ザッケローニ監督は3紙ともに低評価 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ
・ガゼッタ・デロ・スポルト
川島 6 何回か不安定なプレーがあった。失点に責任はない。

内田 5.5 攻撃面でインスピレーションを見せた。大久保にアシストをプレゼントしたが、サムライのストライカーは空に打ち上げた。しかし、マルティネスには3点目で料理された。

吉田 5.5 コロンビアのFWの体格に苦しんだ……。

今野 5 完全にPKになるファウルをした。重大なエラーだった。

長友 6 常にプレーに関与した。いつもの闘志あふれるプレーをしていた。

青山 5.5 個性のない匿名のトライに終わった。

山口 6 素晴らしいダイナミックなプレー。

長谷部 6 ピッチの真ん中でボールを何回も奪った。奮闘した戦士。残念ながらフィジカルの問題を抱えてブラジルに到着した。

岡崎 6.5 素晴らしいヘディングを決めた。ザックは後半途中で交代したのは奇妙だ。

柿谷 6 日本の未来の希望。評判のFW。

本田 7 リーダーとしてチームをけん引。岡崎のヘディングをアシスト。ミランは成長した姿を見る。

香川 6 目覚めの証しが何回かみられた。魂はわずかだが、この才能ある選手に。

清武 評価なし

ザッケローニ監督 5.5 苦闘の日本。残念ながらタイムオーバー
▼フットボールチャンネルの採点
【W杯・試合採点】日本対コロンビア(グループC) | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
GK 1 川島永嗣 6点
 失点はどれも止めるのが難しいシュートだった。

DF 2 内田篤人 5.5点
 内田のクロスや縦パスから何度も好機がうまれていた。しかし、2失点目では、ボールウォチャーになってしまい、失点の原因に。また、3失点目でも、体力的に厳しい時間帯というのもあり、ボールホルダーとの距離を詰めきれなかった。

DF 5 長友佑都 5.5点
 積極的な攻め上がりは評価できる。また。ギリシャ戦に比べれば判断は悪くなかった。だが、結局質のいいクロスをほとんど入れられなかった。また、守備のミスがいくつかあった。

DF 15 今野泰幸 4.5点
 軽卒なタックルでPKを献上。他にも、相手のリーチの長さに苦しみ、怪しい対応がいくつもあった。また、カウンター時のポジショニングを誤ることも。そして、3失点目のシーンでは、カバーするのか寄せるのか中途半端になり、結局遅れて寄せて、シュートをブロックできなかった。

DF 22 吉田麻也 6.5点
 距離を詰めて相手に自由を与えず、空中戦でも負けなかった。最後の最後こそ、ロドリゲスに完全に抜かれたが、それ以外は素晴らしい対応だった

MF 14 青山敏弘 6.5点
 ボールをひっかけてしまうシーンもあったが、非常に良い縦パスを前線にあて、日本の攻撃のリズムを作った。また、出しどころがない時は、苦し紛れのパスをせず、良いコース取りのドリブルで、キープもした。

MF 17 長谷部誠 6点
 アタッキンサードにおける長谷部の縦パスは非常に質が高かったが、守備面はやや不安定だった。

FW 4 本田圭佑 5.5点
 アシストを記録した。時折、いいドリブルやキープ力も発揮した。しかし、多くの攻撃が本田のところでストップしてしまっていた。自分の得意な形でしか、ボールを出せない悪癖を、この試合でも露呈した。

FW 9 岡崎慎司 6点
 ボールを失い、1失点目の原因になってしまった。しかし、自身で得点を決めて、帳消しした。総じてみれば、悪くはなかった。

FW 10 香川真司 5.5点
 積極的なドリブルやシュートはよかったのだが、結果を残せない。また、2失点目では、ボールホルダーに対するプレスが遅く、失点の起点に。

FW 13 大久保嘉人 5.5点
 動き出し、キープ、どれも素晴らしいのだが、決定機をまたしても外した。点さえ決めていれば、文句なしだったのだが。

交代選手

MF 16 山口蛍 6点
 運動量でピンチを救うこともあった。ただ、今大会通じて見えた、ボールホルダーに対する距離感がやや遠いという課題を、この試合でも露呈してしまった。とはいえ、失点直結級のミスはなし。

FW 8 清武弘嗣 5.5点
 存在感を発揮できず。

FW 11 柿谷曜一朗 5.5点
 裏への抜け出しは素晴らしかった。ただ、ボックス内でのプレー精度が低い。

 顕著な違いは、本田と香川の評価だ。
 このふたりがどれだけ活躍するかが、日本の戦い方を左右するチームだったから、日本側が厳しい採点をしているのはわからないでもない。同時に、対戦チームもそのことを踏まえて、本田と香川を封じる策を取ってきた。結果、ふたりの自由が奪われて、日本の攻めは機能しなかった。
 ただ、それでもガゼッタ・デロ・スポルトが、それなりに評価しているのは、記者の視点が違っているからだろう。その違いが、メディアの姿勢の違い、サッカー文化の違いなのかもしれないと思った。

あわせて読みたい

「ワールドカップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  4. 4

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  5. 5

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  6. 6

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  7. 7

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  8. 8

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  9. 9

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  10. 10

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。