記事

やはり、政策を論ずるヤジは必要!

本日は、平成26年度板橋区議会第2回定例会の最終本会議でした。
定例会に上程されていたすべての議案の議決が行われたわけですが、私としては、いじめ防止条例に共産党が反対しているその理由は何かと、共産党の討論に注目しておりました。

リンク先を見る

いじめ防止条例の反対討論で共産党いわく、このいじめ防止条例は安倍政権の教育改革に連なるものだからとか、いじめた側の子の自由を制限してはいけないとか…。

いったい何を言っているのか。
いじめは犯罪です。
子どもだから処分には配慮をするとしても、まず大人がしっかり目を光らせて、ともあれいじめを止めなくてどうするのか。
安倍政権がどうこうとか道徳教育がどうこう言っている間に、いじめで深く傷つく子どもはどんどん生まれているのです。
いじめの現実がまったくわかっていません。

で、さすがにヤジりました。
「全然現実がわかってないよ!」等々。

人格否定やハラスメントは論外ですが、政策を論ずるヤジはやはり必要だと、私は改めて思いました。
登壇する人は、まともなことばかり言うわけではないからです。
事実誤認、事実無根、何度も同じ話をする、無関係な話をする、延々自慢話をする、などなど…。
例えば、事実無根の話を何の指摘もなく言わせておいたら、聞いている人は「あ、そうなのか」と思ってしまいます。
傍聴者や中継を見ている方々のためにもヤジは必要です。

また「賛同のヤジ」もあります。
私も、会派を超えた賛同のヤジを受けたことも何度もあります。
このような雰囲気になれば、政策の進展に大きく寄与します。

さらに、ヤジるのは男性議員だけではありません。
今日の板橋区議会本会議でも、女性の声のヤジがいくつか聞こえました。

政治は言葉だけですべてが決まる世界ですので、言葉によるギリギリのせめぎ合いが当然生まれます。
おとなしく座って聞いていればいいなどというものではないことは、「現場の意見」として、どうかご理解をいただきたいと思います。

今回の都議会ヤジのようなことが問題になるのであれば、議場の机全部にマイクを取りつけて、録音しておけばいいのではないでしょうか。
問題発言を行なった議員をすぐに特定できますし、議員に対する抑止効果もあるでしょう。
私は、自分のヤジは録音されても問題ないと思っていますし、「今のヤジは誰だ」と問われたらいつでも「私だ」と名乗り出る用意があります。

とはいえ、今回の都議会ヤジについて、様々なご意見もあると思います。
Facebookページからご意見をいただければ幸いです!

中妻じょうた 板橋区議会議員
https://www.facebook.com/jouta.nakatsuma

あわせて読みたい

「都議会セクハラヤジ問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  7. 7

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  8. 8

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  9. 9

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  10. 10

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。