記事

「残業代ゼロ制度」の年収要件は1千万円から下がる可能性があるのか~民主党・山井和則議員質疑書き起こし

2/2

あくまで“交渉力のある”人材であることがポイント

山井:これも質問通告してありますので、安倍総理に改めてお聞きしますが、それではこの法案。労働基準法の改正ということで、来年にも出て来るんだと思いますが、いくら以上の年収の方を対象にするということは法案に明記をされるんですか?

田村:あの先程申し上げました、これは成長戦略の改訂版の中に盛り込んでまいります。その上で、制度設計するわけであります。これは当然のごとく、いろんな議論をいたします、党内でも議論いたしますが、使用者の代表者、労働界の代表者、学識者、こういう方々が入っていただいて、いろいろと議論をいただいて、最終的な制度設計に向かっていくわけでありまして、その中で、どのような形で法案の中に盛り込むのか。他の方法があるのか?。それはそこでいろんな議論をさせていただきながら、法令としては最終的に厚生労働省として、大臣として決定をさせていただきたい。このように考えております。

山井:これですね、本当にこれがどんどん年収要件が下がっていくかどうかは、雇用政策にとって一番重要です。私、安倍総理がおっしゃってわからないのは、私の考えは古いとおっしゃいますが、私は今労働時間が延びたり、残業が延びたり、過労死が深刻化する中で、如何に労働者の健康を守っていくか。そして、企業を成長をさせるか。非常に重要な課題だと思っております。残業代をゼロにするのが、なぜ新しい考えなのか、よくわかりません。

今も法案に年収要件の額をいれるのかどうかわからないという無責任な答弁が田村大臣からありましたが、安倍総理に改めてお伺いをさせていただきます。1200万円の年収要件で、有料職業紹介の規制緩和、これ2002年には年収1200万円以上の経営管理者、科学技術者からの手数料徴収を容認するということで規制緩和が2002年にされました。しかし、なんと翌年にはもう500万円も下がって700万円以上の方には、手数料徴収を容認すると。国会審議を経ずに政省令や告示の変更で簡単に年収要件というのは下がってしまいます。

ですから私は、安倍総理にお聞きしたいのは1千万円、1千万円とおっしゃいますが、これが将来800万や600万、中所得者に下がるのかどうかというのは、国民が一番知りたいことなんです。安倍総理がドリルの歯となって、最大速度で回転して、労働改革していく。この1千万円の収入要件というのは将来、この有料職業紹介のように下がる可能性ありますか?

安倍:これはですね、もう田村大臣が応えて、先程私が応えたことがすべてでありますが、要はですね、今山井委員はですね、「過労死をするかもしれないような人たち、どうするんだ」と。それは絶対あってはならないことでありますから、我々はそれはしっかりとやらなければいけない。そういう意味においてはですね、労働基準局もちゃんとさらにその仕事を徹底していくのは当然のことであります。

より一層徹底していくと言うことを前提にですね、かつ今回の新たな労働時間制度については、「希望しない人には適用しない」。そして、「対象職務の範囲が明確で、高い職業能力を持つ人材に限定」をして、それ以外の一般の勤労者の方々は対象にしない。そして、さらに「働き方の選択によって、賃金が下がることがない」。この3原則の中で、対応していくということであります。

絶対額についてはですね、今後経済の状況が変化をしていく中にあって、その金額がどうかというのはありますよ。しかし、それは今の段階で、今の段階で言われている800万とか600万円という水準の方々に、今の物価水準、賃金水準において、そういう方々に適用ということは、この三原則から外れるわけでありますし、そこのところは今後三原則は変わらないと言うことであります。

山井議員「今回1千万円が、蟻の一穴になるんではないか」

山井:ということは安倍総理、これは重要なことです。労働者派遣法でも最初は少しだけ緩和しますが、どんどん拡大して言ってるんですね。ですから私は、今回1千万円っていうのが、蟻の一穴になるんではないか。金額がどんどん下がっていくのではないか。実際、有料職業紹介では、1200万が翌年に700万に下がっているんです。国会審議もなしに下がっているんです。

安倍総理、それではお聞きしますが、5年後も10年後も1千万円から下がらないということでよろしいですか?

安倍:経済と言うのは生き物ですから、これはですね将来の賃金水準、全体のですよ、全体の賃金水準、そして物価水準というのは、これはなかなかわからないわけですよ。そこで例えば年金においても安定的な制度とするために、年金額も物価が下がっていけば、物価スライドで下がっていくじゃないですか。4月から下がった。これは民主党も賛成したわけですね。

つまり、その意味において、例えば10年前に、「10年後に、年金額は絶対下がらないんですね」と言われても、それは応えられなかったわけでありまして。それは代替率はどれぐらいですよ、という形で応えている、現役との関係において代替率がこれぐらいですよ、という形で応えていくわけであります。

ですから、先程来より申し上げておりますように、今の現在の段階における賃金の全体的な状況からすれば、今の1千万円というのであれば、今の段階で800万円、600万円、400万円の方々は、それは当然はいらない。ということは明確であります。そして、先程申し上げました今後については、先程申し上げましたような三原則にのっとってしっかりと進めていくということであります。

山井:そこをはっきりしていただきたいと思います。三原則の中には、年収要件は入っておりませんから今後については、800万円や600万円に下がる可能性は否定されないということでよろしいですか。

田村:総理がなんども申しておりますけれども、要するにお金の価値がどうなるか、という問題が当然ありますよね。例えば、所得水準がみんないっぺんに下がっていって、仮にですよ、今の10分の一になったときと、違うわけですよね。ですから、そういうような経済の状況だとか所得の状況に応じて、どうなるかという将来はなかなか予見できないことであります。

ただ、一ついえる事は、山井委員が思い描いておられるような方々、つまりですね、それほど所得が多くない、今全般の中でですよ、働いてる方の中で、あまり所得が多くない方々まで適応することは考えていないわけであります。あくまでも仕事をする労働契約を結ぶ時に、交渉力のある方、「このような職務ならば、私としてはこれは労働契約は結べない」といえるような、そんな交渉能力のあるような方ということでありますから、そのような年収をしっかりと稼げる方であります。

山井:私は、こういうことを聞いているのは、先程も言いましたように、経団連は現に10%少なくとも5千万人の労働者からすれば500万人は適用されるようにと、ということを要望しているわけですね。それで400万円以上という年収要件を7年前に要望をしておられる、実際に。だから私は聞いているわけです。

それで安倍総理も逃げておられるのは、今後は3要件とおっしゃりましたが、3要件の中には肝心の年収要件は入っていないんです。安倍総理、今後も年収要件は、物価の変動とかはいいですよ。それよりも大幅に下がるということはないということで、いいですか?国民はそのことを今、一番知りたがってるわけですから、安倍総理お願いいたします。

安倍:これはあの繰り返しになりますが、この「希望しない人には適応しない」というわけでありますし。また、ポイントの一つはですね、「対象が職務の範囲が明確で高い職業能力を持つ人材に限定」している。そこにポイントがあるわけでございます。その中においてですね、我々は1千万円というだいたい年収の額をお示しをしているわけであります。その言わば、この1千万円というラインにおいて、この3要件というもので、現在考えているわけでございまして。

今後についてはですね、先程来田村大臣もお答えをさせていただきましたように、それはこの全体の賃金水準、あるいは物価動向もありますが、そういうものも勘案しながら、当然それは決まっていくと言うことになるんだろうと思いますが、それであっても、この3要件は変わらないということになるわけであります。

山井:ということは、この3要件には年収要件は入ってませんから、将来的には年収はいくらになるかわからない。ということは、経団連が言っているように400万円以上とか、全労働者の10%ということになる可能性もあるわけですか?

安倍:それはあの将来の予測ですからね、これはわかりませんよ。例えば、国会議員の歳費だってわかりませんよ、10年後いくらになっているか。それは全体のですね、全体の平均収入と関わりがあるわけでありますから、全体の平均収入、果たして今絶対いくらかということは絶対そうだということは明確にはいえないわけであります。

もちろん、今おかれている予測値はありますよ。この予測値で、我々がしっかりと2%の物価安定目標を達成をして、3%の成長をしていくということであれば、1千万円を切るという事は、もちろんないわけであります。しかし、それがですね、絶対にそうだとは、「絶対」とは経済においていえないのは当たり前でありまして、そこは市場主義の経済でありますから、それはないわけでありますが、繰り返しになりますが、我々は3要件、経団連の言っていることと、私たちは政府として申し上げていること、そこは違うわけですから、私たちは申し上げている事は3要件の範囲、これは明確であるということでございます。

山井:3要件、3要件とおっしゃっていますが、重要なのはこの3要件には、ここに書いてあります通り「希望しない人には適用しない」「対象を絞り込む」「賃金が減ることのないように適正な処遇を確保する」ということで、肝心の年収要件は入っていないんです。ですから、改めてお聞きしますが、この3要件、これはっきり言いまして、どうとでも解釈できるんですね。非常にあいまいな定義です。ですから、私も今、安倍総理が将来の事はわからないといったのは非常にびっくりしまた。

ということは、この3要件には年収要件は入っていないということは、将来経団連が要望しているような10%、500万人程度、あるいは400万円の年収制限ということにもなる可能性があるかもしれないということですか?

安倍:制度の詳細においては、先程申し上げたように今後関係審議会で行うことになります。その審議会で議論を行う際には、先程申し上げました3要件の上に、この詳細な設計を行っていく、ということになります。

山井:安倍総理、今制度の詳細をおっしゃいましたが、年収要件が1千万円なのか400万円なのかは詳細じゃないんです。これは根本なんです。高所得者だけなのか?中所得者まで入るのか?国民が一番不安に思っているのは、ただでさえ今生活が苦しい、また長時間労働がある。その中で、私は高所得者へのこの残業ゼロ制度も反対ですが、中所得者が入ればもっともっと反対ですから。安倍総理、そうしたら将来的にもしかしたら、この3要件に合致したらですよ、中所得者の方も残業代ゼロ制度入る可能性があるということですか?

田村大臣「山井議員が思い描いておられるような方は対象外」

田村:あの何度も申し上げておりますが、「職務の範囲が明確で、職業能力の高い方が対象」。これ絞り込むという風に総理から我々は指示をいただいておるわけであります。そういう方が、どういう方かとお考えいただければですね、ご理解いただけるんじゃないかと。たぶん、山井議員が思い描いておられるような方は対象にならないということであります。

山井:これ、国民の皆さんも非常に心配しているところです。残業代がなくなって、賃金が減るんじゃないか。残業代がなくなって、長時間労働になるんじゃないか。安倍総理、これ中所得者には将来的には絶対に広がらないということでよろしいですか。というのは、この3要件だと、中所得者も入りますよ。中所得者で専門的能力の高い人、入る危険性がありますから、いかがですか、安倍総理。

安倍:先程ですね、申し上げたように我々では1千万円ということを目途としているわけでありますけども。当然その人はですね、希望しない人には適用しないという中において、当然高所得がある人。山井さんが言ったご懸念がですね、顕在化しないような、そういう対象を描いているわけでありまして。

正に創造的な仕事をしている、専門性の高い仕事している、そういう人たちがですね、むしろ今の労働時間性ではですね、その範疇の中で、仕事をしていることによって、かえって効率性が下がるという方々もおられるわけでありますから、そういう方々に選択肢、もっと自分の生産性を上げていきたい、もっと自分の能力を生かしていきたい、もっと自分の能力を開花したいと言う人たちに、そういう働き方が出来るようにしていく。そういう制度であるということを重ねて申し上げたいと思います。

山井:「本人の希望なんだ」「本人の希望なんだ」とおっしゃいますが、私はそれは机上の空論だと思います。幹部候補生で、残業代ゼロでやってくれと言われたら、それは多くのサラリーマンの方々、断ることがなかなかできません。それに安倍総理、今もお答えになっていなかったのが、希望しない人には適応しないということですが、もう時間来ましたので、最後一問だけお聞きしますが、中所得者ですね、これ最後にお答えください。中所得者には、この3要件に一致しても適用しないんですか?するんですか?これは大事な質問です。

田村:何度も申し上げております。時間で測るのではないんです。成果で測るようなそういうような職種、能力のある方、そういう方に正に対応する、適用するわけでございますので、その充分に合致するような年収するような方とご理解ください。

山井:以上で終わります。ありがとうございました。

出典:衆議院インターネット審議中継 - 決算行政監視委員会(6月16日)

あわせて読みたい

「残業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

  10. 10

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。