記事

UpworthyがPVに代わる指標「アテンション時間」のソースコードを公開

Upworthyという動画のキュレーションメディアがあります。このメディアがPVに代わる指標として2月頃から取り入れている指標が「Attention Minutes(アテンション時間)」です。

同社はこれまで、ユーザーの満足度を測るためにユニークユーザー数やページビューを重視してきたが、2月6日に新しい指標「Attention Minutes」を開発したと発表した。

これは、動画であれば実際に再生されているか、ユーザーが複数タブを開いている場合はどのタブが表示されているかなど、従来の「ページ滞在時間」より詳細なデータに基づく、ユーザーが実際にコンテンツに注目している時間を測定するというもの。

この指標に基いて、コンテンツの訪問者に占めるそのコンテンツをシェアした人の割合と、コンテンツのAttention Minutes(コンテンツの何%を読んだか)の相関関係をグラフ化したのが下の図だ。

読まずにシェアする人は意外と少ない──Upworthy調べ - ITmedia エンタープライズ 

画像を見る

このたび同メディアでは、「アテンション時間」のソースコードを公開したようです。

ただのクリックやPVだけでなく、ユーザーのエンゲージメントを測り、コンテンツに目を向けてくれていることをデータとして測定する。メディアが自らこのような解析ツールをつくることも今後のメディアを考える上で差別化になる一つのポイントだと思います。

アテンション時間のコードをすでに導入するところもでていて、解析プラットフォームのParse.lyではすでにロイターなどを含むすべてのクライアントに利用してもらっているとのこと。

求められる記事フォーマットの開発と解説(コンテクスト)、バイラルの使い方」という記事でも紹介しましたが、今後も、指標の多様化については注目です。 

スマートニュースの藤村さんも海外のPV以外の指標について「ページビューを死滅させる指標とは何か?」という記事で書かれています。関心のある方は一度ご覧になると、整理されるかと思います。
 

【参考】The Code [Literally] To What Lies Between The Click And The Share. Yours, For Free... Really. - Upworthy Insider

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “MMT=バラマキ”という思い込み

    自由人

    01月16日 20:50

  2. 2

    「格別においしいわけじゃない」フランス産ホワイトアスパラが1キロ5000円で売れる本当の理由

    PRESIDENT Online

    01月16日 14:20

  3. 3

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

  4. 4

    津波警報の発令に切り替えた気象庁 臨機応変な対応は見事

    早川忠孝

    01月16日 16:29

  5. 5

    正しく「先送りする力」で高支持率をキープ。岸田内閣の100日間を振り返る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月16日 09:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。