記事

海外主導の株式市場と悪夢

今年3月末(昨年度末)現在の日本の株主が公表された。先週木曜日(6/19)に示された「株式分布状況調査(速報版)」がそれである。毎年、東証が中心となって公表されている。

昨年度の最大の特徴は、海外投資家(外国法人等)が全時価総額(445.4兆円)の30.8%の保有に達したことである。昨年度末が28.0%だったから、昨年度の上げ相場で保有比率を一段と高めたことになる。

海外投資家に次ぐ保有比率は、事業法人21.3%(前年度は21.7%)、個人18.7%(同20.2%)である。両者とも比率を下げている。その他の国内投資家も、都銀・地銀等3.6%(同3.8%)、年金信託2.1%(同2.5%)、生命保険3.7%(同4.1%)、損害保険3.7%(同4.1%)と、軒並み比率を下げている。投資家の中で唯一に近く保有比率を上げているのが投資信託の4.8%(同4.5%)である。
確認しておくと、海外投資家は日本の株価形成を主導している。

分析すれば、海外投資家は株価に対して順張りの投資を行っている(株価が上がれば買い、下がれば売る)ように見える。実際は、海外投資家が買うから株価が上がり、売るから下がる可能性が高いのだろう。これに対し、個人投資家は逆張りである。この1年間もこの傾向が強かった。一方、銀行や保険会社は株式の保有を減らす傾向にある。昨年度、株価が上がったことを幸いに、売却を進めたのだろう。また、年金はポートフォリオの基準値を持っているから、もしも株価が大幅に上がり、自分のファンド総額に占める株式の保有比率がその基準を大きく上回るようになると、株式を売却することになる。昨年度の年金の売却は、これに基づく行動だったと考えられる。

少し奇異なのは投資信託である。投資信託は個人が買うもの。その個人は株式を売っているのに、投資信託は株式を買っている。この点について、東証の発表も混乱しているようで、「先高期待を背景に個人投資家等の投資意欲の強まりなどから」投資信託が株式を買ったと説明している。それなら、個人投資家そのものの「先高期待」はどうしたのかと問いたい。多分、証券会社の営業姿勢が高まったことから、投資信託の株式保有比率が上昇したのだろう。

昨年度の株式保有状況調査から推論するかぎり、海外投資家の影響力は増すばかりである。これに対して国内投資家はますます受動的である。海外投資家が動いて初めて行動を起こす。

公的年金に対する政治の介入は好ましくない。政治家が動くと相場が歪む。しかし、国内投資家の意思のなさ、自己主張のなさを改めて確認させられると、誰かが「動けや」と鞭打つのも仕方ないように思えてしまう。一種の悪夢かな。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  8. 8

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  9. 9

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

  10. 10

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。