記事

Mt Goxにアメリカ連邦破産法第15章の適用承認

マウント・ゴックス、米裁判所が連邦破産法15条の適用承認

チャプター15の適用により、日本の破産手続を主倒産手続としてアメリカでの資産の凍結、訴訟や執行の中止等が行われる。

アメリカの資産が大きく、かつ債権者も多くて、アメリカの部分のみで再建を目指すことが適当だとアメリカの裁判所が判断したら、第15章の適用と並んで、第11章などの適用による並行倒産が始まる可能性もある。
もっとも、ビットコイン自体の将来が危ぶまれる報道(51%問題)もあるし、またスポンサーなどへの事業譲渡を行うのであれば、破産手続の中で行うことも可能であるし、それでもアメリカの手続に乗ってやった方が得策ということもあり得る。

日本の関係者がどう動くかも含め、興味津々である。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。