記事

「吉田調書」報道、なぜ他の新聞は追わないのか~田原総一朗インタビュー

5月20日付の朝刊から始まった、朝日新聞による「吉田調書」のスクープが話題となっている。
「吉田調書」は、福島第一原発所長を務めていた故・吉田昌郎氏に対し、政府の事故調査委員会が聞き取り調査を行った際の記録で、菅元首相や東電株主代表訴訟の原告らが安倍内閣に開示を求めている。また、朝日新聞は、当時官房副長官を務めていた民主党・福山哲郎参議院議員の聴取記録である「福山調書」に関する報道もスタートさせている。
この「吉田調書」をめぐる議論について、田原総一朗さんに聞いた。【大谷広太(編集部)、亀松太郎】

他紙が全く触れていないことが問題

政府がひた隠しにしていた内部資料を暴露した朝日新聞の報道に、首相官邸が反発するのはある意味、当然だといえるし、安倍内閣は公開にも反対している。吉田さん自身がすでに亡くなっているから、プライバシーの問題もあるといえるかもしれない。

しかし、あれだけの深刻な事故で、多くの人が被害を蒙っているのだから、今後の対策を考える上でも、僕は「吉田調書」は公開されるべきだと思っている。あの時、現場で何が起きていたのかが分からなければ、対策も立てられない。

朝日新聞のスクープについて言えば、むしろ他紙が全く触れていないことが問題だと思う。朝日新聞がスクープした時に、なぜ他の新聞は追わなかったのか。

原発容認派の読売新聞や産経新聞が追いかけないのは、まだわかる。しかし、朝日と同様に、原発に対して厳しい論調をとっている東京新聞や毎日新聞が、なぜ書かないのか。理解に苦しむ。

”朝日によればこうだが、ここは違うんじゃないか”という批判はもちろん、”こんなスクープ、よくやった”ということでもいい。あるいはスクープしたこと自体が問題だと思うのなら、はっきり”問題だ”と書くべきだと思う。

他の新聞のスクープを追いかけないのは、嫉妬心がむき出しで、メディアとして健全ではない。もし官邸に配慮しているとしたら、とんでもない話だ。官邸側も、朝日以外のメディアが追いかけないので、公開しなくてもいいんじゃないか、という雰囲気になっているのではないか。(6月18日談)

あわせて読みたい

「吉田調書」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。