記事

関電が東電管内に進出

関西電力が「東京営業部」を来春にも新設し、首都圏での電力販売を本格化するそうです。関西電力は、これまでも自由化されていた産業用については首都圏でも営業してきていますが、2016年に家庭向けも自由化されることを受け、さらに首都圏での販売を積極化させようということでしょう。この動きには必然性を感じます。

関西電力が事業を広げていかざるをえない背景には、関電管内の経済が長期的に落ち込んできていることがあると思います。電力需要を伸ばしてきたのは家庭用ですが、そちらも、家電のエコ化が進んできており、また首都圏への経済の一極集中化のなかで人口も減少してきており、今後の成長は望めません。自らの努力で事業領域を広げていくことに成長の活路を見出すしかないのです。それは他事業を広げるか、地域を広げていくかになります。

だから関西電力は、子会社のケイ・オプティコムがeo光として、ブロードバンドサービス事業に熱心に取り組んでいます。関西は、NTT光回線と丁々発止と張り合っている全国でも珍しい地域です。管内の滋賀県ではトップシェアだといいます。
NTTに挑む、関西の暴れん坊 | インタビュー | 東洋経済オンライン

しかし電力事業を伸ばそうとすれば、地域の壁を超えるしかありません。あれだけ抵抗のあった電力小売りを全面自由化する改正電気事業法があっさり国会で成立しました。東電もいよいよ見限られたのかとも感じますが、関西電力にとっては願ってもない話だと思います。
電力自由化は改革の出発点だ :日本経済新聞

もうひとつの背景には、関西では大阪ガスの存在感が結構大きく、電気をめぐっても競争が部分的であれ始まってきていることです。大阪ガスは、技術開発にも熱心、ビジネス上手で、関西電力と大阪ガスは互いに緊張感のある競争関係を保ちながら、互いに切磋琢磨してきた歴史があります。電力小売自由化は、ガス会社にとってもチャンスになってきます。

さて自ら成長を掴み取らなければならない、また大阪ガスとの競争で鍛えられてきた関西電力が首都圏でどう暴れるのか、面白い展開になることを期待したいものです。はたまた、既存の電力会社ではなく、新規参入組が電力市場をかっさらっていくのか、インフラ事業だけに長期戦になってくると思いますが目が離せなくなってきました。

あわせて読みたい

「関西電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  3. 3

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  4. 4

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

  5. 5

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  6. 6

    竹島巡る韓国・北朝鮮の自爆行為

    高英起

  7. 7

    ラグビー日本代表選んだ韓国選手

    NEWSポストセブン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    ヘリから女性落下 消防庁が謝罪

    AbemaTIMES

  10. 10

    嫌韓言説は本源的な暴力性の発露

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。