記事

市民との協働によるまちづくりを進めるための11の提案。

1/2

平成26年第2回港区議会定例会で、区長に質問・提案することになりました。

今回のテーマは、「区と区民が協働出来る仕組みづくりについて」です。ちまたでは多くの自治体の人口が減少していくという話を聞きますが、港区では今後も人口増の見込みとなっています。港区政策創造研究所が3月に出した推計によると、人口は今後も毎年5,000人のペースで増えるとされており、現在約23万人のところ平成37年には29万人にまで達するそうです。

年々増加していく人口に対して、古くから住んでいる人からは「新住民や若者はちっとも地域活動に参加しない」と嘆く声が聞かれます。確かに町会や自治会、消防団などの活動に参加する人は年々減り、町会の「青年部」といってもご高齢の方がやっている場合が多くなりました。しかし、こうした新たな人たちの地域貢献意識が薄いとは必ずしも言い切れないようです。

内閣府の調査などによると、日本人の約2割が社会貢献やボランティアなどの活動に既に参加している一方、約6割は「機会があれば参加したい」と考えているそうです。東日本大震災後にはそれが7割近くにまでなりました。即ち、この「7割」を動かすための「機会」をどうつくっていくかが今後のまちづくりの大きなポイントとなるのだと思います。

リンク先を見る
(出典:内閣府『社会意識に関する世論調査』、2012年)

では、どうすればいいのか。ヒントは、「社会貢献意欲をくすぐる仕組み」それに、「ターゲットを明確にしたアプローチ」にあるようです。現在、町会や自治会などに加入するためには、思い切って窓口に電話しなければなりません。また、地域のイベントは多々行われているものの参加できる時間帯が限られており、外部の人が入りづらい雰囲気もあります。…すなわち、新たな住民が本当は「参加したい」と思っていてもその存在を知らない、あるいはポジティブな気持ちになれない状況に対して、行政はこれまでとは違ったアプローチをすることが求められているのです。

急激な人口増と高齢化に伴い、地域で解決するべき社会課題も増加しています。一方で、これまでまちづくりに多大な貢献をされてきた方の高齢化がこのまま進めば、いずれその「担い手」がいなくなってしまいます。地域の特色を活かしたまちづくりや防災などの活動の継続が難しくなれば、地域の魅力が損なわれてしまいます。

あわせて読みたい

「港区」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  10. 10

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。