記事

憲法改正環境整う

 去る6月13日の参議院本会議にて、憲法改正国民投票法改正案が可決成立した。昨年秋から取り組んできた案件で、途中で幾多の難関があったが、ようやくここまてたどり着いて、正直ホッとしている。

 同法律は7年前に施行されたが、その後約束の3年間で選挙権年齢の引き下げが実現せず、何歳から投票できるかで解釈が分かれ、事実上国民投票が出来ない状態だった。今回の改正は法施行後4年間は20歳から、5年目以降は自動的に18歳からと規定した。これによりいつ国民投票があっても、投票権年齢が確定されることになった。

 さらに8党間の合意により、2年後までに選挙権年齢を18歳以上に引き下げ、それが出来たら国民投票年齢も18歳以上とすることを目指す。世界のスタンダードに合わせるためだ。また公務員の国民投票運動(勧誘)については、純粋な運動に限り自由とし、特定の候補者や政党の支持を伴う運動は禁止とした。

 選挙権年齢の引き下げや、公務員の組織的勧誘運動、憲法以外の国民投票の可否など、残された課題は幾つかあるが、既に4年前に国会の憲法改正原案の発議が解禁となり、今回の国民投票法改正によって国民投票がようやく行えるようになった。憲法改正の環境が整ったわけであり、大変意義深いことである。

 今後は憲法改正原案の与野党間協議がスタートするが、衆参で3分の2以上の賛成という高いハードルを越えるためには、今回改正案合意のテーブルについた8党の枠組みを出来るだけ維持しながら、幅広い合意が得られるよう、全力を尽くしていきたい。

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。