記事

【談話】改正国民投票法の成立を受けて

民主党代表 海江田万里

 本日、民主党を含む与野党8党の合意に基づいて共同提案された「日本国憲法の改正手続に関する法律」(いわゆる国民投票法)の改正案が成立した。

 国民投票法の成立から7年を経て、これまで宿題となっていた「選挙権年齢の18歳への引下げ」「公務員の政治的行為に関する法整備」「国民投票の対象拡大についての検討」について一定の答を出し、憲法改正手続きが整備されたことを高く評価したい。

 また、民主党は、憲法改正論議への幅広い国民参加を促すため、投票権年齢の18歳への引下げや、公務員の政治的行為をできるだけ自由に認めるべきことを主張してきた。わが党の主張は今回の改正を通じて基本的に容れられたものと理解している。

 我が国では、67年という長きにわたって憲法改正に関する国民投票が手続的に実施できない状態にあった。今、国民投票法の改正によって憲法改正の発議が可能になった以上、仮にも集団的自衛権の行使一般を容認しようというのであれば、安倍総理は正々堂々と憲法改正を提案するのが筋である。にもかかわらず、安倍内閣は解釈改憲によって集団的自衛権行使の容認を強引に閣議決定しようとしている。このような立憲主義と法治主義に反するやり方は断じて看過できない。

以上

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。