記事

特定秘密)国会も重責を負う。

去年11月以来、7ヶ月ぶりに特定秘密保護法関連の質疑に立つ機会を得た。国会に、特定秘密の運用を監視する常設委員会をつくろうという自民公明提出の法案についての審議だった。監視委員会をつくることは賛成だが、実際に機能するかどうかが大きな課題だ。

きょうの質問では、外交密約があった時に、国会の監視委員会が機能するかどうかを問うた。戦後、「核持ち込み」「朝鮮半島有事の際の戦闘作戦行為」「沖縄返還時の原状回復補償費の肩代わり」などいくつもの密約が明らかになっている。詳細は民主党の岡田克也議員が外務大臣の時に調査した結果をみていただきたい。http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/mitsuyaku/taisho_bunsho.html

私は、外交交渉上やむを得ない秘密はあると思う。しかし、しかるべき時がきたら公表して欲しいし、特に密約が、報道や外国の公文書、元政府高官などの発言によって明らかになった時は国もこれを認め、説明と検証をするべきだと思っている。残念ながら、密約が公になったあとも「知らぬ存ぜず」の答弁を繰り返してきたのがこれまでの日本政府だった。

「特定秘密保護法が始まれば、行政の長が秘密指定の解除の時期などに責任をもって対応するから密約のような問題は無くなる」というようなことを過去に安倍総理は答弁しているが、密約が明らかになっても政府がこれを密約と認めなければ過去と同じことが起こる。特定秘密に指定する際の3つの要件の1つに「非公知性=公になっていないこと」があるが、報道などで明かされた密約と思われる情報を政府が「密約・特定秘密」と認めない限り、政府側は知らぬ存ぜずの態度を取るのである。報道などがあったら直ちに政府が秘密を認めるかといえば決してそうではない。

こういうときこそ、新設する国会の監視委員会の出番だろう。監視委員会は与党議員の割合も多く、政府側が特定秘密の提出を拒むこともできるので実効性がないとも言われているが、密約と思われる情報が公になって、政府がそれを認めるかどうか逡巡している時は必ず役割を果たして欲しい。こういう時は世論の後押しもあるだろう。こういう時に監視委員会が仕事をできなければ、国民は国会にシラけるだろうし、その後の選挙でしかるべき審判を受けることになるだろう。国会に監視機関をつくるということは、つくったからにはその職責を果たさなければ国会が責任を問われるということを強く申し上げておきたい。

あわせて読みたい

「特定秘密保護法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  4. 4

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  5. 5

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  6. 6

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

  9. 9

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  10. 10

    米・伊選手団が食堂で「マスクなし大宴会」 五輪選手村スタッフが目撃

    NEWSポストセブン

    07月28日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。