記事

インターネッ党がなぜ参戦しなかったのか

ハフィントンポストにおいて本日、突然、取材も予告も無しに「なぜ中野区長選に参戦しなかったのか」という記事がトップ扱いで出て、お騒がせしました。さきほど、インターネッ党のホームページに、本件に関する家入さんと党の見解をアップしました。

リンク先を見るすでにネット上で「記事にされる前に、候補者擁立が出来なかった旨を広報しなかったんだから」というご指摘ありましたが、たとえ取材を受けていなかったとしても、まったくその通りだと思います。本人がだらしないところがあっても、結果として、それをコントロールできなかった私の力不足も大きいです。ご期待いただいた皆様に率直にお詫びします。

有権者はもちろん、現職の政治家の皆さん、メディア関係者にもご注目・ご期待いただいていること、改めて本人が重々承知しているでしょう。都知事選が終わって時間が経って、どこか本人に気の緩みもあったかもしれないです。良薬は口に苦し、といいますが、これを反省材料にちゃんと活動していくのかどうか、本人が本気でやらないなら、党解散も含め、きちんと落とし前をつけるようにしていかないといけませんね。

お騒がせしました。今日のところはここまで。

あわせて読みたい

「インターネッ党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。