記事

マスコミ・広告関係の仕事の頼み方がひどい~ギャラを提示しない会社の多いこと

仕事の依頼メールがきた。資料として添付ファイルが何個もあり、仕事の内容について長々と詳細にメールで書かれている。急ぎらしく、電話も何度も着歴があった。

で。いっぱいいっぱい書かれているのに、肝心がことが抜けている。ギャラだ。一体、この仕事をいくらで発注しようとしているのか、金額提示がない。

留守電に「急ぎの案件で詳細はメールで送ったので、至急、仕事を受けられるかどうか電話が欲しい」というので、メールで一言、返した。

「それで原稿料はいくらですか?」と。

未だに仕事の発注時にギャラを提示しない会社があまりに多い。特にマスコミ・広告関係はひどい。仕事の内容の詳細はいっぱい送ってきて、作業はせかされるわりに、いくらの仕事なのかはっきり提示しない会社がいかに多いことか。っていうかさ、法律違反だから。

フリーランスはあんたら会社員と違って、定期的に決まった給料をもらっているわけではなく、仕事はした分だけ報酬をもらうという体系で生活しているわけで、仕事ごとにきちんとギャラの提示をしてくれないと困る。だからこの手のメールがくると必ず返信する。報酬を提示してくださいと。

ギャラが安いとか高いの問題ではない。安くたっておもしろい仕事なら引き受けるかもしれないし、暇だったら引き受けるかもしれない。極端な話、実績になるのであれば無料でだって引き受ける場合もある。ようはギャラが安いか高いかが問題なのではなく、きちんと仕事の作業にとりかかる前に明示してほしい。ただそれだけだ。

マスコミ業界ではテレビ関連がひどい。ホームページを見てテレビ番組制作会社から、写真の貸出とか企画協力とかのメールが突然くることが、結構頻繁にあるんだけど、まあひどい。

番組名やいつ放送するかも書いておらず、とにかく写真を貸してほしいとか、しかもすぐにデータがほしいとか、そんなのがかなり多い。

それでこちらから返信するわけです。いつ放送する何の番組でこの写真を使うのか。写真についてギャラが出るのか出ないのか。まずそれを明記してもらわないと、貸せるとも貸せないとも何ともいえない。

私はマスコミ側の人間だから、できるだけ協力したいと思っているし、取材や出演依頼はよほどのことがない限り断らない。別に広告でない限りは報酬もいらない。これまで有名なテレビ番組にも何度か写真を貸し出したこともあるけど、別にお金なんかいらないから、「写真提供かさこ」と入れてくれればそれでいい。

でも相手から何の条件提示もなく、テレビの番組でこの写真とあの写真を使いたいから、至急、連絡くれないかとかいうメールがくるとカチンとくるわけだけど、テレビ関連はほんとこの手のメールが多い。

もう何年も前からつきあいがあってね、何度も仕事をしている仲ならともかく、条件提示もしないのにコメントだけくれとか、写真だけくれとか、おまえらどんだけ横暴なこと言ってるのか、わかってるのかって話。フェイスブックにこの手の書き込みをしたら、あるあるとのコメントが何人かいたので、どうも業界体質としてそれが当たり前になっているようだ。

テレビに限った話ではないけど、マスコミ・広告関連の人たちって、仕事って意味をわかってるんですかね。仕事には対価がつきもの。金額を提示しない仕事なんてあり得ない。相場がわからないなら見積もりを依頼すればいいだけの話で、両者で話し合って金額が折り合ったら仕事をすればいい。そこがスタートでしょ。仕事の。

しかもギャラを提示しないダメな担当者や会社に限って、メールではなく電話してくる。電話だと記録が残らないから困る。あとで「それで金額いくらでしたっけ?」みたいな話で、必ずもめるから、メール文面できちんとギャラの提示をしてほしい。だからそういう担当者の電話は出ない。メールでやりとりし、あとでもめないようにするためだ。

お互い、後で金のやりとりでもめるのいやでしょう?だったらはじめにきちんと決めておかないと。お互いが気持ちよくするための礼儀だ。

マスコミ・広告関連業界の方々。いい加減、仕事の仕方を覚えてください。仕事内容だけでなくきちんと報酬を書面で明示すること。あんたの部下じゃないんだから。まあぬるま湯につかったサラリーマンにはわからないのかもしれないけど。一度、フリーランスで仕事してみたらいい。

それとフリーランスも仕事欲しさに、ギャラの提示がないまま仕事を受けないように。きちんとはじめに聞く癖をつけたい。

・ギャラを言わずに仕事を頼む会社は要注意
http://kasakoblog.exblog.jp/15191248/
・仕事を頼むならまず納期とギャラを言え
http://kasakoblog.exblog.jp/21428188/

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    韓国主張する北朝鮮船の認知に謎

    和田政宗

  5. 5

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  6. 6

    仏国内で高まるゴーン氏への批判

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  8. 8

    バンクシー投稿は小池知事の焦り

    やながせ裕文 東京都議会議員

  9. 9

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  10. 10

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。