記事

G7宣言、ウクライナ支援と中国の海洋進出牽制・ホントですか?

G7、中国の海洋進出けん制 外交で首脳宣言
ウクライナ支援結束

http://www.nikkei.com/news/print-article/?R_FLG=0&bf=0&ng=DGXNASFS05005_V00C14A6MM0000&uah=DF_SOKUHO_0003

 前からこのブログでも書いておりますが、中国の海洋進出を牽制するのであればウクライナの対中軍事技術供与やコンポーネントなどの販売を制限するべきです。
 それをやらなければ日本はウクライナの支援をしない、ロシアの側に肩入れするぞ、そのくらい主張すべきですそのぐらいは主張すべきです。またこの主張にはベトナムやインド、フィリピンなどを巻き込んでもよいでしょう。

 それをメディアに向けて発信すべきです。

 ウクライナが中国にこれらの技術を売れるのは、所詮地球の裏側で後は野となれ、山となれと思っているからです。中国と国境を接しているロシアはそうはいきません(もっともウクライナも中国に潜在的な市場を喰われているのですが)。

 であれば我が国はそんな国を支援する義理はありません。
 所詮、ウクライナなん地球の裏側の話で関係ないよ、EUがやればいいじゃない、と主張すれば宜しい。
 そもそもウクライナの現政権は正当性も怪しいし、極右も入っている、腐敗していたのは前政権もその前の新西側政権も同じです。
単に親西側というだけで、我が国が支持したり、経済支援をする必要性は薄いわけです。
 そのことG7サミットで主張すれば宜しい。

 ですが悲しいかな、我が国の外交にはそのようなセンスが無いようです。

 この程度の自己主張もできない政府が、集団安全保障は合憲という解釈変更をした際に、アメリカ様から「戦争の参加しろ」と命令されて断れるんですかね。

 あたしゃ、甚だ疑問だと思います。



NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<バーバリーと三陽商会>ファッション業界「ライセンスビジネス」の怪
http://japan-indepth.jp/?p=6198
<防衛産業も営利企業>政府は防衛産業の持続可能な利益確保の必要性を国民に説明すべき
http://japan-indepth.jp/?p=5052

<武器禁輸緩和>安倍政権は「防衛装備生産基盤の危機回避」という本意を国民に説明せよ
http://japan-indepth.jp/?p=5014

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
国益のために国内ヘリ産業を潰すべきだ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014051200007.html?iref=webronza

ロシアとウクライナが簡単に刀を抜けない理由
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014041500002.html

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html

あわせて読みたい

「G7」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。