記事

法人実効税率の引き下げ

みんなの党にとっても私にとっても必ず実現したいと思い推進してきた政策の一つ「法人実効税率の引き下げ」が経済財政運営の基本方針に明記される事となりました。

次の焦点は実際何%にするかになりますが、私は思い切って23%以下を目指すべきだと思います(と同時に、一部の産業・企業にしか効果が無い多くの優遇税制は見直すべきですが)。

トップクラスの低さを誇るシンガポール(17%)、台湾(17%)、香港(16.5%)には及びませんが、東アジアの競合である中国(25%)と韓国(24%)を抜く大幅な引き下げを実現すれば、世界中の経営者に与えるインパクトは計り知れません。 そのプラスのイメージは、景気回復、五輪、そして統合型リゾート(IR)への可能性と相まって、安倍総理の言う「Japan is Back」(日本は戻った)から発展し「Back to Japan」(日本に戻ろう)の流れを作ることになるでしょう。

麻生財務大臣が「法人税率を引き下げた分の恒久的な財源が必要」と、政府内にはまだ慎重な意見が多いですが、3年も経てばその必要性が無い事に気付くはずです。 「率」が下がった分は「額」が上がって税収が戻り、「法人税率を引き下げた分は、法人税そのものが財源」になると私は信じています。現にイギリスでは法人税率を33%から23%に引下げましたが、税収は年平均で4.8%も伸びています(法人税パラドックスと言われています)。また、同様のことは、ドイツや韓国でも起きています。

しかし、法人税減税効果の初期インパクトは永遠に続くものでは無い事も付け加えておきたいと思います(勿論、恒久的にプラスの効果はありますが、インパクト的には最初の数年間が一番大きいでしょう)。 成長を持続可能にするためには、徹底した規制改革や移民計画を含む人口対策などが必要不可欠です。

とは言え、一歩前進となった重要な成長戦略。 安倍総理の方向性を真の改革に結び付けるために、今後も様々な方策を提言していきたいと思います。

あわせて読みたい

「法人税」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    共産党が強い「表現規制派」へ転向 公約では「表現の自由を守る」の建前が崩壊

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月19日 09:42

  2. 2

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  3. 3

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  4. 4

    斎藤佑樹投手の引退セレモニー「敗者の弁」を引き受けた勇気を称賛

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    10月19日 10:20

  5. 5

    ガンダムにはなぜイライラする女性キャラが出てくるのか?一気観で生まれた疑問

    倉持由香

    10月19日 12:16

  6. 6

    iPhoneなら3800円惜しまずAirTagは買え!! を体感した伝説(笑)の日

    永江一石

    10月19日 09:23

  7. 7

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  8. 8

    LINE問題で最終報告、経営陣対応「不適切」 情報漏えい認めず

    ロイター

    10月18日 22:38

  9. 9

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  10. 10

    マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』

    紙屋高雪

    10月18日 17:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。