記事

世論調査の不思議

世論調査が、新聞や放送の各社ごとに、同じテーマできいているのに、数字にあまりの違いがあって、不思議に思うことが、しばしばあります。設問によって違ってくるし、それぞれの社の主張の中で質問を作るため、かと思っています。

そのことについて、NNKの時に、私の1年下の優秀な記者だった、今やひっぱりだこの池上彰さんが、新聞に書いていました。集団的自衛権についての世論調査を例に、各社の違いを分析しています。朝日新聞では、賛成が29%、反対が55%と、反対が賛成の倍近くとなっています。毎日新聞は、賛成39%、反対54%。共同通信は、賛成39%、反対48%。日経新聞・テレビ東京は、賛成28%、反対51%です。

こうした結果からは、多くの人が、集団的自衛権の行使を認めることに反対と思える。

一方で、読売新聞は、賛成71%、反対25%と、賛成が圧倒的に多くなっている。

産経新聞・FNNは、賛成70%、反対28%で、これを見ると、多くの人が、賛成していると思える。池上さんは、各社の分析を総合すると、答えの選択肢が2つか3つかで結果に違いが出る、としています。反対が多かった各社は、賛成か反対かの2択で質問しています。一方、読売は、全面的に使えるようにすべき、必要最小限の範囲で使えるようにすべき、使えるようにする必要はない、の3択です。その結果、必要最小限が63%と多くなっている、とうことです。産経・FNNも3択で、同じような結果になっています。

「必要最小限」という選択肢を選ぶ人が多いことがわかり、質問の仕方によって回答が違ってくることが、よくわかると書かれています。新聞やテレビは、1社ではなく、比較して見る必要がありますね。また、別のことではありますが、政府の世論調査でも、昼間に有線の電話できいているので、携帯やスマホしか持たない若い人の意見や、昼間は仕事などで外にいる人の意見は聞けないという問題があります。国会議員の時に、内閣委員会で指摘し、当時の官房長官は、検討すると答弁しましたが、改善されているのでしょうか。

あわせて読みたい

「世論調査」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。