記事

世論調査の不思議

世論調査が、新聞や放送の各社ごとに、同じテーマできいているのに、数字にあまりの違いがあって、不思議に思うことが、しばしばあります。設問によって違ってくるし、それぞれの社の主張の中で質問を作るため、かと思っています。

そのことについて、NNKの時に、私の1年下の優秀な記者だった、今やひっぱりだこの池上彰さんが、新聞に書いていました。集団的自衛権についての世論調査を例に、各社の違いを分析しています。朝日新聞では、賛成が29%、反対が55%と、反対が賛成の倍近くとなっています。毎日新聞は、賛成39%、反対54%。共同通信は、賛成39%、反対48%。日経新聞・テレビ東京は、賛成28%、反対51%です。

こうした結果からは、多くの人が、集団的自衛権の行使を認めることに反対と思える。

一方で、読売新聞は、賛成71%、反対25%と、賛成が圧倒的に多くなっている。

産経新聞・FNNは、賛成70%、反対28%で、これを見ると、多くの人が、賛成していると思える。池上さんは、各社の分析を総合すると、答えの選択肢が2つか3つかで結果に違いが出る、としています。反対が多かった各社は、賛成か反対かの2択で質問しています。一方、読売は、全面的に使えるようにすべき、必要最小限の範囲で使えるようにすべき、使えるようにする必要はない、の3択です。その結果、必要最小限が63%と多くなっている、とうことです。産経・FNNも3択で、同じような結果になっています。

「必要最小限」という選択肢を選ぶ人が多いことがわかり、質問の仕方によって回答が違ってくることが、よくわかると書かれています。新聞やテレビは、1社ではなく、比較して見る必要がありますね。また、別のことではありますが、政府の世論調査でも、昼間に有線の電話できいているので、携帯やスマホしか持たない若い人の意見や、昼間は仕事などで外にいる人の意見は聞けないという問題があります。国会議員の時に、内閣委員会で指摘し、当時の官房長官は、検討すると答弁しましたが、改善されているのでしょうか。

あわせて読みたい

「世論調査」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  3. 3

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  4. 4

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  5. 5

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  6. 6

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  7. 7

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  8. 8

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  9. 9

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  10. 10

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。