記事

ずるずると小さい世界に留まらないために――最相葉月の仕事論 / 『最相葉月 仕事の手帳』著者・最相葉月氏インタビュー

1/3

25才で上京、コネはなし。最相葉月はどのようにノンフィクションライターになったのか。今年4月、『最相葉月 仕事の手帳』(日本経済新聞出版社)が上梓された。取材の依頼から話の聞き方、資料の集め方、執筆まで、自身の経験をもとに仕事論を綴っている。今回は、編集者・ライターの心得について、著者の最相葉月さんにお話を伺った。(聞き手・構成/山本菜々子)

若い人の困難と結びつく

―― 『仕事の手帳』では最相さんの仕事論を書かれていますね。どのような本か簡単に説明していただけますか。

日経新聞夕刊の「プロムナード」という随筆欄で連載した記事を中心に構成しています。私は25歳で神戸から上京しました。はじめは編集者をしていて、そののちにライターになったのですが、とにかく土地勘も人脈もゼロからのスタートでした。その中で感じたことや自分なりの仕事術をまとめた内容だったのですが、連載中からとても反響があったので編集者が本にしましょうと提案してくれたのです。

―― 執筆のきっかけは何だったのでしょうか。

5年ほど前だったでしょうか、30代前半の編集者に、仕事のやり方を細かく聞かれたことがあるんです。どうやって取材依頼をしているのか、取材時に録音するのか、リード文はどうやって書けばいいのか……と。「そんなこと、会社の先輩に教えてもらえないんですか」と聞いたら、会社では教えてくれないと言うのです。

出版の世界では先輩と一緒に外に出て仕事をしながら覚えるオン・ザ・ジョブ・トレーニングが主流だったと思います。でも近年の出版不況で採用人数が減り、毎年の定期採用ができない会社も増えてきた。その編集者の会社も例外ではなく、自分はいつまでたっても新入社員だし、先輩とも年が離れている。誰も仕事の仕方を教えてくれない、と言うんです。

今は、デジタルの時代です。メールひとつで原稿の依頼ができます。いろんなところに行かなくても世界的な情報を瞬時に手にすることもできる。

ですが、インターネットの情報と、実際に人に会って得られる情報にはギャップがあります。今はマイナーになってしまった、アナログな仕事のやり方の中にも、今の仕事に生かせるところがきっとあると思っています。

手紙の書き方、電話での話し方、お礼状の書き方、本の読みこみ方……。デジタル化することで抜け落ちてしまったものの中にも大切に受け継いでいくべきものがあるし、もしかしたら今の時代にこそ要求されていることなのかもしれません。

時代は違えど、私が若いころ、手探りで仕事していた感覚が、もしかしたら若い人たちの困難と通ずるところもあるんじゃないか。私自身の拙い体験でもお役に立つのであればと思ったのがきっかけです。

実際に、この本を読んだ若い編集者やライターの方が声をかけてくれます。やっぱり、みんな悩んでいるんだなぁと。私も悩んでいたので。時代によって変わらないものもあるのかなぁと。

―― 『仕事の手帳』読んでいて、「ああー、こういうことあるなぁ」と、思わず何度もつぶやいてしまいました。たとえば、対談しているのに、二人とも対談相手ではなくこっちを向いてしゃべってしまって、一対二のインタビューになってしまうとか。私だけではなく、最相さんも同じことがあったんだと思うと勇気が湧いてきます。

ありがとうございます。みんな悩みながらやっているんですよね。対談の会話が弾まなかったり、インタビューの録音を聞き直したら、自分の質問が相手の言葉をさえぎっていることに気が付いたり。私がこの一言を挟まなければ、相手は絶対ここから良いことを言おうとしていたのに、と頭を抱えたり(笑)。そういうことの連続ですよ。

リンク先を見る

人脈なしからのスタート

―― 25歳で上京されて、この世界に入ったとのことですが、編集の仕事がしたくて意を決して上京されたのでしょうか。

そういうわけではなかったです。結婚のタイミングで上京しまして、はじめの仕事も就職情報誌で調べて見つけました。

―― その前は何をされていたんですか。

広告会社の大阪支社でラジオ・テレビ担当の営業をしていました。テレビ局やラジオ局とコマーシャル枠の交渉をする仕事です。

―― 文章を書く仕事とは直接関係なかったんですね。

全く関係ないですね。本当はコピーライターのような制作の仕事をやりたかったんですが、残念ながら配属されませんでした。

編集の世界には学生時代から興味はありました。当時はニューアカデミズム・ブームで、UPUという京都大学出身のメンバーが設立した就職情報関連の会社が発行していた、『W-NOtation(ダブル・ノーテーション)』という雑誌があり、ニューアカデミズムの書き手たちにどんどん書かせていたんです。その世界にすごく憧れて、編集を目指すようになりました。結局、UPUは最終面接で落ちてしまうんですが、上京するなら編集の仕事をしたいとは思っていたんです。

ですが、理想は現実とは違いました。男女雇用機会均等法が施行されて間もない頃で、大手出版社では女性をほとんど採用していませんでした。中途採用はなおさらありません。上京後最初に勤めた学術系の出版社では、正社員になれず待遇に差別がありました。結婚していたことも原因のようでした。

―― 「片手間でやってる」と思われたりとか

そうですね。子どもができたら辞めると思われていたのかもしれません。編集アシスタント的なことはやりましたが、新聞をとじたり、灰皿を洗ったり、お茶くみをするのは女子社員の仕事でした。

―― 今だと考えられないですね。

時代は変わったなぁと思います。こんなところ嫌だと、8か月で辞めましたけど(笑)。それで、朝日新聞の求人欄に載っていた、中原編集室に入りました。企業PR誌の編集事務所だったのですが、そこでの経験はすごく勉強になりましたね。

―― 新聞の求人欄ですか。

当時は、コネもありませんでしたから。でも、社長の中原洋さんが「明日からおいで」と面接で言ってくれました。

リンク先を見る

―― 全くつながりがない状態から編集の仕事を始めたんですね。編集者時代に印象に残っている仕事はありますか。

中原編集室時代には妹島和世さんをはじめ気鋭の建築家の方々にお目にかかれましたし、ベネッセ教育研究所の『季刊 子ども学』という雑誌にフリーの編集者として関わっていた時は、社会学者の宮台真司さんのように論壇で注目される直前の若い世代の学者さんたちと仕事ができてすごく面白かったです。

仕事のやり方は人によって違いますし、それぞれの方法を蓄積していけばいいと思います。しかし、一つ言えるのは、すでに世に出ている人に仕事を頼むことは簡単だということです。社会的な評価も定まっているし、著書や論文もいくらでもある。だから自分が仕事をしても安心なんです。勉強にもなります。ですが、編集者の醍醐味は先物買いというのでしょうか、これから芽が出そうな人たちに目をつけることだと思うんです。

たとえば、学者さんを発掘するのであれば、研究会に顔を出すのでもいいですし。ライターであれば、業界紙で書いているような人に注意を向けてみる。今ならブログでもいいでしょう。それぞれの分野で面白い仕事をしている人達に目を向けて、一緒に付き合いながら大きなテーマに挑戦してもらう。それが編集者としての楽しみだと思うんです。私もそもそも競輪の専門誌で書いていて、それを読んでいた新聞記者や編集者に声をかけられて仕事の幅が広がりました。

やはり、自分が見つけたとか、自分が信頼されたとか、編集者にとっては物凄い喜びじゃないですか。この本の中でも書きましたが、自分がつくった本が売れれば、編集者自身が自信を持てます。そうすると、どんどん新しい企画にチャレンジできますよね。

どんな分野でもそうですが、自分自身に成功体験が無いと小さい世界に留まってしまいます。ライターであれ、編集者であれ、ギリギリのところに自分を追い込んで、ゼロになってもいいからという覚悟で、挑戦せざるをえない時があるんじゃないかと思います。

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。