記事

アマゾン、6月か7月にPrime会員向けの音楽ストリーミングサービス開始へ

アップルのBeats買収は、音楽ダウンロードビジネスでは無敵と思われた巨人が、将来は定額制音楽ストリーミングの領域に踏み込むであろうと注目を集めています。ストリーミングサービスは今後さらに競争の激しくなるビジネスと予想されますが、そこにITの巨人も本格参戦するようです。

Buzzfeedは、アマゾンはPrimeメンバー向けにオンデマンドの音楽ストリーミングサービスを開始すると、音楽業界関係者からの情報として伝えています。開始時期は6月または7月。

ユニークなのは、配信するカタログで、リリースから6ヶ月以上経っている楽曲やアルバムを配信するそうです。最新リリースは配信には含まれません。全カタログを提供する代わりに、Prime Instant Videoサービス同様、レコード会社とライセンス契約に合意した楽曲をディスカウント価格で配信することで、最新リリースを含む包括的なカタログでリスナーの獲得を目指すSpotifyやRdio、Beats Musicなどの競合と差別化するそうです。

アマゾンはソニーミュージックとワーナーミュージックの大手レコード会社とすでにライセンス契約を結び、さらにいくつかのインディーズレーベルとも契約済みとのことです。ユニバーサルミュージックとの契約は、Buzzfeedはまだ確認が取れなかったとのことです。

情報ソースの一人によれば、アマゾンはアクセスできるレーベルのカタログが少ないため、既存の音楽ビジネスと販売のデータを基に、どの音楽を配信するかを決定するそうです。

Spotifyと同じようにアマゾンのPrime音楽サービスも異なるデバイスでの利用が可能になるそうで、ユーザーは無制限に検索し再生でき、オフライン視聴機能も搭載するとのことです。

音楽ストリーミングの領域では、アップルがBeats Musicを買収したことで、定額制配信サービスに本格的に注力する可能性が高まっています。また先日Spotifyは有料会員数が1000万人を突破したことを発表し、フリーミアムのビジネスモデルで急成長しています。

【関連記事】
【速報】定額制音楽ストリーミングサービスSpotify、ユーザー数4000万人有料会員数1000万人突破を発表!

ソース
Exclusive: Amazon Prime To Offer Music Streaming Service — With 6-Month-Old Songs(5/30 Buzzfeed)

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  10. 10

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。