記事

アマゾン、6月か7月にPrime会員向けの音楽ストリーミングサービス開始へ

アップルのBeats買収は、音楽ダウンロードビジネスでは無敵と思われた巨人が、将来は定額制音楽ストリーミングの領域に踏み込むであろうと注目を集めています。ストリーミングサービスは今後さらに競争の激しくなるビジネスと予想されますが、そこにITの巨人も本格参戦するようです。

Buzzfeedは、アマゾンはPrimeメンバー向けにオンデマンドの音楽ストリーミングサービスを開始すると、音楽業界関係者からの情報として伝えています。開始時期は6月または7月。

ユニークなのは、配信するカタログで、リリースから6ヶ月以上経っている楽曲やアルバムを配信するそうです。最新リリースは配信には含まれません。全カタログを提供する代わりに、Prime Instant Videoサービス同様、レコード会社とライセンス契約に合意した楽曲をディスカウント価格で配信することで、最新リリースを含む包括的なカタログでリスナーの獲得を目指すSpotifyやRdio、Beats Musicなどの競合と差別化するそうです。

アマゾンはソニーミュージックとワーナーミュージックの大手レコード会社とすでにライセンス契約を結び、さらにいくつかのインディーズレーベルとも契約済みとのことです。ユニバーサルミュージックとの契約は、Buzzfeedはまだ確認が取れなかったとのことです。

情報ソースの一人によれば、アマゾンはアクセスできるレーベルのカタログが少ないため、既存の音楽ビジネスと販売のデータを基に、どの音楽を配信するかを決定するそうです。

Spotifyと同じようにアマゾンのPrime音楽サービスも異なるデバイスでの利用が可能になるそうで、ユーザーは無制限に検索し再生でき、オフライン視聴機能も搭載するとのことです。

音楽ストリーミングの領域では、アップルがBeats Musicを買収したことで、定額制配信サービスに本格的に注力する可能性が高まっています。また先日Spotifyは有料会員数が1000万人を突破したことを発表し、フリーミアムのビジネスモデルで急成長しています。

【関連記事】
【速報】定額制音楽ストリーミングサービスSpotify、ユーザー数4000万人有料会員数1000万人突破を発表!

ソース
Exclusive: Amazon Prime To Offer Music Streaming Service — With 6-Month-Old Songs(5/30 Buzzfeed)

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  2. 2

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  3. 3

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  4. 4

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  5. 5

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  6. 6

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  7. 7

    国民・玉木雄一郎代表 「いま言われているほとんどの問題は給料が上がれば解決する」

    ABEMA TIMES

    10月21日 16:25

  8. 8

    各論だらけの選挙公約 コロナを政争の具にするな - 樫山幸夫(元産經新聞論説委員長)

    WEDGE Infinity

    10月21日 12:52

  9. 9

    トランプ氏、独自SNS立ち上げへ IT大手に対抗

    ロイター

    10月21日 17:00

  10. 10

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。