記事

「助けて」の心が生み出す新たな社会 - 奥田知志

1/2
画像を見る NPO法人 北九州ホームレス支援機構理事長
奥田知志


 25年に及ぶホームレス支援の活動から見えた本当の絆の在り方とは何か。「助けて」と言える社会を見据え、その基盤となる思想を語る。

「絆は傷を含む」という覚悟に立つ

 ホームレス支援や困窮者支援の活動を通じて感じることは、「努力が足りない」「怠けている」といった「助けられる側」への自己責任論とともに、「助ける側」に向けても「助けるなら最後まで自分ひとりの責任でやりなさい」という自己責任論があることです。このような自己責任論がある中では、助けることのハードルが上がり、おいそれと人助けなんてできなくなってしまいます。

 震災前の2010年のクリスマスの時、匿名の人から児童相談所にランドセルが届けられました。いわゆる「タイガーマスク現象」です。この現象は無縁社会にあっても「この世の中も捨てたものじゃない」と、人と人とのつながりがまだあることを多くの人に想起させたことと思います。

 たしかに行為そのものは並大抵のことではないですし、とても良い行為だと思います。私が気になったのはそれが匿名のもとに行われたことです。この匿名性の中に「これ以上関わると危ない」というような出会いの回避があったのではないかと感じています。

 つまり「子どもたちの役にたちたい」という思いとはうらはらに、直接子どもたちと出会ったら「もう知らない」とは言えなくなってしまうことを恐れ、一歩踏み込んだ顔の見える関係へと踏み出せなくなってしまったのではないかと思うのです。

 たしかに直接出会うことで時には傷つくこともあります。実際に私どもの支援の場でも、よかれと思ってしたことが「こんなもの必要ない」と言われてしまうことが何度もありました。

 しかし、私はその傷つくことも含めて〝絆〟だと思います。誰かが自分のために傷ついてくれる時、「自分は生きていていいのだ」と確認することができる。逆に自分が傷つくことで誰かが癒やされると知る時、そこに自分の存在意義を見出すことができる。本当の絆とは、こうした自己有用感や自己尊重意識で構成される相互性を持つものです。 

 だからこそ、私は「絆は傷を含む」ものだと言い続けてきました。このことを覚悟しない限り、本当の絆を結ぶことはできないと思います。

「助けて」と言えない子どもたち

 私は、子どもたちがある日突然、「助けて」と言うこともできずに死んでいってしまう社会は絶対に嫌です。子どもは誰よりも「助けて」と言っていい存在のはずです。しかし、現在、大人社会が1人で生きていける人を立派な人間だと描き続けてきたことで、子どもや路上に投げ出された青年は「助けて」と言えなくなってしまったのだと思います。

 子どもが「助けて」と言える社会にしていくためには、大人が子どもの前で「俺も助けてと言わないと生きていけないんだ」ということを示すことです。

 以前、小学生を対象に行った「ホームレス支援の講座」で、社会復帰を果たした元ホームレスの男性に話をしてもらいました。失職により生活が困窮し、誰にも助けを求められないまま、路上での生活をすることになったその人は、ある日病気にかかり路上で死にそうになりました。その時に通りがかりの人に助けられたのです。当時を振り返りながら子どもに語りかけます。

「この世の中には助けてくれる人はいる。『助けて』と言えた日が助かった日だったよ」と。そして私からも「みんなも学校で苦しいことがあって、もう死んでしまいたいと思うことがあったら『助けて』って言っていいんだよ」と子どもたちに伝えました。会場で涙を流しながら聞いていた子どもの姿が今も心に残っています。

 子どもを追い詰めているのは私たち大人です。戦後社会は頑張った分、成果が出た時代でしたが、今は違います。

 だからこそ「頑張る」ことだけを子どもに教えるのではなく、「頑張れなかった時にどうするか」「『助けて』と言える大人がどれだけ格好いいのか」ということを示してあげることが必要だと強く感じます。

あわせて読みたい

「孤児」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。