記事

「憲法」は私たちの「敵」なのか? - 水島さつき

元防衛官僚、第一次安倍内閣で内閣官房副長官補(安全保障担当)を務めた柳澤協二さんの近著『亡国の安保政策 安倍政権と「積極的平和主義の罠」』(岩波書店)に、〈小泉純一郎政権以降、「劇場型政治」(ポピュリズム)が登場した。この手法は、わかりやすい「敵」を設定し、「敵」をやっつける「ヒーロー」を演じて大衆を陶酔させる。求められるのは論理ではなく、感情に訴えることである〉(略)〈小泉氏が設定した敵は、安全保障面では「テロリスト」。民主党政権は、「無駄遣いをする官僚」、そして第二次安倍政権の仮想敵は、「中国」と、日本の軍事的な自由を束縛する「憲法」に狙いを定めている〉と書かれています。

 そうか、安倍さんが想定した敵は「憲法」なのか、そう思うと、さまざまなことが腑に落ちました。あれ、今ごろ気づいたの? と言われてしまいそうですが、私はまさかそんな大胆な発想をする首相が、この日本に誕生するとは、思っていなかったのです。まさにそれは「クーデター」ですから。

 安倍首相のやろうとしていること、そして先に発表された安保法制懇の報告書も首相自らが行った記者会見の内容も、論理的に破綻していることは、各分野の専門家、例えば今週の伊藤真先生のコラムによっても明らかです。

 しかし、感情面での揺さぶりに対して、私たちはどう抗っていけばいいのでしょうか? 「集団的自衛権は、おじいさんやおばあさんを守ること」だとでも言うような、荒唐無稽なフリップ(記者会見で示された絵)などに対して、私たちは「無力」だなとつくづく思うのです。

 今と同じような社会の雰囲気は、「マガジン9」の前身、「マガジン9条」がスタートした2005年から2006年にかけてもありました。小泉政権から第一次安倍政権になった頃のことです。その頃に作った、「おまけ絵本」というフラッシュムービーを、今回「マガ9アンコール」としてコンテンツに加えました。憲法が保障する「自由」と「平和」がテーマです。静かな訴えですが、誰かの心に響くといいなと思っています。

(水島さつき)

あわせて読みたい

「第2次安倍改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  6. 6

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  7. 7

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  8. 8

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  9. 9

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  10. 10

    都構想 水差したマスコミに苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。