記事

アベノミクスと「真の失業率」について(補足)

前回のエントリーに対して、再度以下のような批判コメントを頂いたので、返信を兼ねてもう一回だけ延長戦。

自前で季節調整をすれば真の失業率は

2012年4月 6.3%

2012年5月 6.3%

2012年6月 6.4%

2012年7月 6.1%

2012年8月 6.4%

2012年9月 5.9%

2012年10月 5.6%

2012年11月 5.7%

2012年12月 6.0%

2013年1月 5.4%

2013年2月 5.1%

2013年3月 5.2%

となり、ここから上で述べられているようなことが誤りであり、2012年4月からの景気後退期入りにともなって2012年は年末にかけて雇用が悪化しており、2013年の真の失業率の低下は2012年の夏から秋にかけての流れの延長ではなく、景気後退期入りによる悪化の流れを反転させた非常に強力なものによるということが分かる。


残念ながら季節調整の手法の詳細は不明であるが、とりあえずこの季節調整後の真の失業率をプロットすると以下のようになる。

リンク先を見る


率直に言ってこのグラフからなぜ「2012年4月からの景気後退期入りにともなって2012年は年末にかけて雇用が悪化しており、2013年の真の失業率の低下は2012年の夏から秋にかけての流れの延長ではなく、景気後退期入りによる悪化の流れを反転させた非常に強力なものによるということが分かる」とまで言い切れるのか疑問であるが、更にトレンドをはっきりさせる為に「3x3期移動平均」を掛けたのが以下のグラフになる。

尚、「3x3期移動平均」についてはdbastyle様の「移動平均法による季節調整 with Excel」の「2.トレンド循環値の計算(季節調整済み実測値から無作為性をとりのぞく)」を参照。 又データが不足する期間の前後は12ヶ月後方移動平均の値から逆算して推定した値を使用している。

リンク先を見る


筆者としてはこのグラフは真の失業率の低下トレンドが2012年の年央頃に始まっている事をかなりはっきりと示していると思うのだがいかがだろうか?


「2012年末から2013年に掛けてはアベノミクスという大きな出来事があったのだからそれをまたいで移動平均を取るべきでない」的な反論はありうるかと思うが、たとえそれが結果的に事実であったとしても「何かがあったはずのタイミング」をトレンド分析を行なう際に最初から特別扱いするのはデータに「見たいものを見てしまう」リスクを増大させる事になる。 前回の考察と今回のデータが示しているのは、単純にトレンドを見ただけではその「何かがあったはずのタイミング」でトレンドに大きな変化があったという事実は(少なくともそれほどはっきりは)認められない、という事になるだろう。

【関連記事】
アベノミクスと「真の失業率」について

あわせて読みたい

「失業率」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  2. 2

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  3. 3

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  4. 4

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  5. 5

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  6. 6

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

  7. 7

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  8. 8

    パソコン作業は腰への負担が1.85倍。腰痛対策には“後ろ7割”の姿勢を - 酒井慎太郎

    幻冬舎plus

    06月23日 08:40

  9. 9

    赤木ファイルの開示・・財務省は徹底的な再調査を行うべき

    大串博志

    06月23日 09:13

  10. 10

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。