記事

アベノミクスと「真の失業率」について(補足)

前回のエントリーに対して、再度以下のような批判コメントを頂いたので、返信を兼ねてもう一回だけ延長戦。

自前で季節調整をすれば真の失業率は

2012年4月 6.3%

2012年5月 6.3%

2012年6月 6.4%

2012年7月 6.1%

2012年8月 6.4%

2012年9月 5.9%

2012年10月 5.6%

2012年11月 5.7%

2012年12月 6.0%

2013年1月 5.4%

2013年2月 5.1%

2013年3月 5.2%

となり、ここから上で述べられているようなことが誤りであり、2012年4月からの景気後退期入りにともなって2012年は年末にかけて雇用が悪化しており、2013年の真の失業率の低下は2012年の夏から秋にかけての流れの延長ではなく、景気後退期入りによる悪化の流れを反転させた非常に強力なものによるということが分かる。


残念ながら季節調整の手法の詳細は不明であるが、とりあえずこの季節調整後の真の失業率をプロットすると以下のようになる。

リンク先を見る


率直に言ってこのグラフからなぜ「2012年4月からの景気後退期入りにともなって2012年は年末にかけて雇用が悪化しており、2013年の真の失業率の低下は2012年の夏から秋にかけての流れの延長ではなく、景気後退期入りによる悪化の流れを反転させた非常に強力なものによるということが分かる」とまで言い切れるのか疑問であるが、更にトレンドをはっきりさせる為に「3x3期移動平均」を掛けたのが以下のグラフになる。

尚、「3x3期移動平均」についてはdbastyle様の「移動平均法による季節調整 with Excel」の「2.トレンド循環値の計算(季節調整済み実測値から無作為性をとりのぞく)」を参照。 又データが不足する期間の前後は12ヶ月後方移動平均の値から逆算して推定した値を使用している。

リンク先を見る


筆者としてはこのグラフは真の失業率の低下トレンドが2012年の年央頃に始まっている事をかなりはっきりと示していると思うのだがいかがだろうか?


「2012年末から2013年に掛けてはアベノミクスという大きな出来事があったのだからそれをまたいで移動平均を取るべきでない」的な反論はありうるかと思うが、たとえそれが結果的に事実であったとしても「何かがあったはずのタイミング」をトレンド分析を行なう際に最初から特別扱いするのはデータに「見たいものを見てしまう」リスクを増大させる事になる。 前回の考察と今回のデータが示しているのは、単純にトレンドを見ただけではその「何かがあったはずのタイミング」でトレンドに大きな変化があったという事実は(少なくともそれほどはっきりは)認められない、という事になるだろう。

【関連記事】
アベノミクスと「真の失業率」について

あわせて読みたい

「失業率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  4. 4

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  5. 5

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  6. 6

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  7. 7

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  8. 8

    10万円給付コスト「ありえない」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    関心すら持たれぬ野党は自業自得

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  10. 10

    履歴書を回し見された…退職検討

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。