記事

Yahoo Financeの違いに見る日本とアメリカのETFの地位

画像を見る

日本とアメリカを比較するとアメリカの方がETFが普及しているという話をよく聞きますが、Yahooを見てもそれを実感しました。
アメリカのYahoo Financeと日本のYahoo!ファイナンスでETFがどういう扱いになっているかを比較してみます。

●アメリカのYahoo Finance

トップページの左側にMarket Dataというカテゴリがあります。これを展開するとStocks, Mutual Fundsなどと一緒にETFsがあります。つまり、ここでは株とETFがほぼ同列で位置しています。

画像を見る


●日本のYahooファイナンス

一方、日本に目を向けます。

画像を見る

まず、トップリンクバーに表示されているのは、「株式」「FX・外国為替」「NISA/投信」であり、ETFは同列にありません。

そして、株式をクリックするとその中にETFが出てきます。株式の下という位置づけです。

一方、投信を見ても面白い。
モーニングスターのサイトに飛ばされます。しかもNISAの宣伝ページであり、一般の投資信託のページではありません。そのNISAのページに飛ばされた後に「投資信託」のリンクを押して投資信託のページにたどり着きます。
しかし、ここにETFといったカテゴリは見当たりません……

たかがYahoo Financeの扱いというだけかもしれませんが、こういうところからも日本とアメリカにおけるETFの地位の違いが見え隠れします。

あわせて読みたい

「株式投資」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。