記事

『21世紀の資本論』は「STAP細胞」と同じ?【デモクラシーのゆくえ:欧州編】

昨年出版されたフランスの経済学者トマ・ピケティ氏(43)の『21世紀の資本論』は今年3月に英訳され、アッという間に世界中にセンセーションを巻き起こした。低成長の時代に突入し、富が富をもたらし、貧富の格差を拡大させている。誰もが感じているこんな社会矛盾をピケティ氏は歴史的なデータを用いて実証して見せた。所得より資本に注視しながら富の再分配政策を考えなければいけない。ピケティ氏は格差解消のためには「富...

記事全文を読む

コメント

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。