記事

森永さんのコラムを読んで思い出したドイツの若者たちとの対話

 先週のコラム『森永卓郎の戦争と平和』で「日本の若者に戦争への危機感がないのは、『自分は関係がない』と思っているからだろう。だから、私はいっそのこと若者たちに徴兵制を適用したらどうかと思う。そうすれば、戦争の恐ろしさを、自分自身のこととして、考えるようになるだろう。もちろん若者だけではなく、国会議員にも任期を終えたら戦地に赴く義務を課し、国家公務員は人事異動で前線に配属できるようにすべきだ」というくだりを読んで、私はマガ9創刊間もない頃に行ったインタビュー『世界から見た今のニッポン 日本で兵役外労働に就くドイツの若者たち その1 その2』を思い出しました。

 ダニエル、マルクス、ガブリエルという19~24才の青年たちとの対話はとても刺激的。彼らは兵役を拒んでいながら、徴兵制度を真っ向から否定しているわけではありません。たとえば、「兵役はいらないという意見もあるけど、たとえば兵役義務のないアメリカだと、兵士になりたくないけど、それ以外に仕事がないから、軍隊に入隊する人がいる。ドイツでは学校の成績が優秀なやつだって兵役の義務がある。どっちがいいんだろう?」(ガブリエル)、「ドイツでは戦後、軍隊をもつ際に『職業軍人だけだと同じような考え方の人間が集まって閉鎖的な集団になる。だからいろいろな人間を軍隊に入れるべきだ』と考えた。それで兵役制度をつくったんだと思う。(軍隊が)社会とかけ離れた存在にすると危険なので、常に新しい人間を入れようということ」(ダニエル)、「でも、兵役外労働がなくなったら政府が困るんじゃないか? 社会福祉の仕事はいつも人手不足。それを兵役外労働で補っているんだから。ぼくたちだったら安いコストで済むし」(マルクス)など、彼らの言葉に私の目からはうろこがたくさん落ちました。

 ところで、今月発行の雑誌『世界』(岩波書店)に自民党の野田聖子総務会長へのインタビューが掲載されました。野田総務会長はそこで「安全保障も少子化とリンクしてくる。本当に安全保障を考えるなら、50年もつものを考えなければならない」と安倍政権による集団的自衛権の行使を容認する姿勢に異論を呈し、「いまの日本に、どれだけそこに若者を行かせられるでしょう。そして、国の借金がGDPの6%ある状態でどれだけ国防費に回せるのでしょうか」「人を殺す、人が殺されるかもしれない、というリアリズムを語るべき」とも話しています。

 上記のドイツの若者へのインタビューは9年前のものですが、ぜんぜん色褪せていません。軍隊とは何か? 国を守るとはどういうことか? を考えるのにとてもいい材料を与えてくれます。ご一読を。

(芳地隆之)

■関連記事
徴兵制を導入した方がよいかもしれない - 森永卓郎

あわせて読みたい

「徴兵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  3. 3

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    大東駿介 水川との不倫に批判

    女性自身

  6. 6

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  7. 7

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナに次亜塩素酸水 噴霧はNG

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。