記事

ブログ更新!>ついにセウォル号 韓国旅客船沈没事故を引き起こした海運会社のオーナー=宗教団体の教祖が逮捕へ!たった今の朝鮮日報の速報です。

先ほど、2012年5月21日午後0時10分ごろ、韓国仁川の検察庁が、セウォル号の運航会社の実質的なオーナーで、宗教団体キリスト教福音浸礼会(=基督教福音浸礼会=きりすときょうふくいんしんれいかい)の教祖的立場の兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏が身を潜めているとされていた京畿道・安城の宗教施設「クムス院」に入ったようです。

既に、勾引状、つまり逮捕状が出ている模様です。

「検察は兪氏が1000億ウォン(約100億円)以上を横領し、100億ウォン以上を脱税したなどの疑いがあるとして、自ら出頭するよう要請したが、兪氏は応じなった。」とのことです。

これにより、捜査が大きく進展することを望みます。

{参考} 

旅客船運航会社オーナーの身柄拘束へ =韓国検察  【安城聯合ニュース】 Chosun Online | 朝鮮日報 -2014/05/21 14:17

 韓国旅客船セウォル号の沈没事故で、仁川地検特別捜査チームは21日午後0時10分ごろ、同船の運航会社・清海鎮海運の実質的なオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏が身を潜めているとされる京畿道・安城の宗教施設「クムス院」に入った。勾引状が出ている同氏と長男の身柄を確保して取り調べる方針。

 検察は同院に対する家宅捜索令状も執行し、兪氏一家の犯罪事実を裏付ける証拠を確保する考えだ。

 同院は兪氏が創設したキリスト教系新興教団の施設。当局の強制捜索に備え、同院に集まっていた教団の信者らの抵抗はなかった。教団は同日午前、声明を発表し、捜査に協力する方針を示していた。

 検察は兪氏が1000億ウォン(約100億円)以上を横領し、100億ウォン以上を脱税したなどの疑いがあるとして、自ら出頭するよう要請したが、兪氏は応じなった。

 検察は兪氏と長男らがペーパーカンパニーを設立し、数年間にわたり約30の系列会社からコンサルティング費用や商標権手数料、顧問料などを受け取り、写真家でもある兪氏の作品を高値で売り付けたとみている。

あわせて読みたい

「韓国セウォル号沈没事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    別荘5億円 外国人が激増する町

    BLOGOS編集部

  3. 3

    N国代表の崎陽軒謝罪 見事な戦略

    かさこ

  4. 4

    なぜ維新は大阪で支持集めるのか

    BLOGOS編集部

  5. 5

    N国・立花孝志氏が崎陽軒に謝罪

    SmartFLASH

  6. 6

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  7. 7

    B'z見下すフジロック信者に反論

    常見陽平

  8. 8

    N国「カッコイイ」で支持得たか

    舛添要一

  9. 9

    韓国 金利デリバティブを調査へ

    ロイター

  10. 10

    日本が韓国向け輸出を一部再許可

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。