記事

【岩上安身のツイ録】PC遠隔操作事件、片山祐輔被告の自白を受けて

特集 PC遠隔操作事件

※5月21日2時の岩上安身の連投ツイートを再掲し加筆しました。

 PC遠隔操作事件。週末からの二転、三転、さらに四転の展開に、ほとんど眠らず、取材し、報じ続けてきた。今朝のモーニングバードの出演後、片山祐輔被告の全面的自供とそれを受けての佐藤博史弁護士の記者会見をIWJとして中継しつつ、ベッドに倒れこんだ。起きたのは夜10時。昏睡だった。

 夜10時に起きて、10時半にはもう事務所に着いて仕事を始めていたのだから、我ながらワーカホリックだと思う。1年前、佐藤弁護士から電話がかかってきて、この事件のことを話したい、と言われた。3時間を超える単独インタビューで見せた佐藤弁護士の情熱と、片山さんを信じる気持ちは本物だった。

・2013/03/04 「警察の暴走とメディアスクラム、影に潜む米国への配慮~PC遠隔操作事件の全貌に迫る!」 佐藤博史弁護士緊急インタビュー

 被告人の立場に立って、全力で弁護するのが弁護士の仕事であり、使命である。被告人の「無実です、信じてください」という言葉が嘘であるリスクはつきものだ。そのリスクを背負って、何が嘘で、何が真実かを見極めながら、弁護を行わなくてはならない。月並みな表現だが、大変な仕事である。

 もとより、佐藤弁護士は、並の弁護士ではない。足利事件を無罪に導いた辣腕弁護士である。真贋を見極める鋭い眼力と頭脳の持ち主である。その佐藤弁護士をして、片山氏の嘘は見抜けなかった。捜査当局も決めてを欠いており、犯罪の立証ができず、佐藤弁護士らに次々と突き崩されてきた。

 「裁判はこれまでのところ、片山被告に有利に進んでいた」と佐藤弁護士は語っていたが、それは決して我田引水の評価ではない。そうでなければ、裁判所も保釈を認めなかっただろう。

 検察は保釈に徹底的に抵抗したが、もし保釈をしていなかったら、片山被告は真犯人メールを送る工作もできず、警察は尾行してこれを突き止めることもできず、もしかしたら裁判で無罪になっていたかもしれない。

 そうなると、「逃亡や証拠隠滅の恐れなし」として保釈の判断を下した裁判所の判断も、甘いといえば甘かったことにはなるが、しかしそのおかげで事件の解決につながったことを考えると、皮肉なことだが、結果オーライだった、というしかないだろう。

 佐藤弁護士をはじめ、多くの人が騙された。いや、騙されなかったぞ、片山被告が真犯人だとかねてから思っていたぞ、という人々、とりわけ捜査当局は、保釈になるまでに、片山氏の犯行を自力では立証できなかった。片山氏に、ものの見事に翻弄されてきた点ではかわりはない。

 私は、片山氏と4時間もインタビューをした。佐藤弁護士が同席していたとはいえ、ほぼ一対一である。事実経過やその時々の心の動きなどを一つ一つ細かく聞いていったが、言い分に破綻は見当たらなかった。

・2014/03/07 「メディアは嘘のリークに騙されないで」 PC遠隔操作事件の片山祐輔被告と佐藤博史弁護士に岩上安身が緊急生インタビュー

 隠し事をしている人間特有の様子、たとえば、痛いところを突かれそうになると苛立って怒るなど、感情が波立つ様子も見られず、質問をはぐらかしたすることなく、辻褄があわない話もなかった。捜査当局の長期にわたる勾留と取り調べにも綻びを見せなかったのだから、当然のことだろうが。

 つまり、今回の事件において、片山氏は見事に人を翻弄し、欺き続け、最後に自爆するに至って、自己完結したわけである。彼が自爆しなければ、ゲームのウィナーは彼だった可能性がきわめて高い。捜査当局は完全勝利を誇るわけにはいかないだろう。

 特に身柄を長期拘束し、自白を迫る人質司法の勝利ではない、という点は、強く念を押しておきたい。保釈をしたからこそ、被告はボロを出したのだ。人質司法は、人権上問題があるだけでなく、事件の解決の妨げともなりうることが、皮肉にも今回明らかになったのである。

 真犯人メールの文面のえげつなさと、落ち着いて冷静に話す片山氏の像とは、私の中ではうまく結びつかない。凡庸な表現で申し訳ないが、人の心の中はわからない、とつくづく痛感させられた、としか言いようがない。

 人の心が読める超能力者のマンガが昔あった。羨ましいと思い、心を読み取れる能力があったらいいなと思ってきた。若いうちは未熟だから無理だが、成長し、人生の経験を積むうち、超能力によらなくても、人の心をわかるようになるのではないかと期待もした。だが、どうもそういうものでもないらしい。

 長生きすればするほど、人の心は他人からはわからないものだ、という思いが深まっていく。サイコパスや解離性人格障害など、言葉は新しいが、昔からそうしたパーソナリティーの人々はいたのだろう。心というものの奥行きが発見されているだけに過ぎないのではないか。

 50歳を過ぎて、もういい歳になっているのに、人の心はわからない、という出来事に出くわし続けている。自分は人の心、人の正体を見抜ける、と少しでもうぬぼれをもつのは戒めるようにしている。自分は他人を見抜けない、とあえて口にしている。

 実際、人は人をそう簡単に見抜けない。その確信は年々強まっている。今回、さらに一段と深まった気がする。人の正体は見抜ける、人に騙されるほど間抜けじゃないなどと、去勢を張るのではなく、人はそうそう見抜けない、人の心はわからない、自分は人には騙されることがありうる、そういう前提で、だからこそ自惚れず気をつけて生きるのが正解なのではないかと思うようになってきた。自分は騙されないと過剰な自信を持っていると、騙された時には深傷になる。

 人間は誰しも不完全な存在なので、騙されることもありうると思っていれば、騙されても腐らずにすむ。人は人を信じないと生きていけない。人を信じるのは罪ではない。佐藤弁護士が片山氏を信じたことも、片山氏の母親が息子を信じて保釈費用を工面したことも、罪であるはずがない。

 他方、遠隔操作プログラムのようなものを、片山氏のような一介のプログラマーが簡単に作り出し、他人になりすまして、不正行為を行うことが可能なのだということ。この点については徹底した検証が必要である。パソコンやスマホとまったく無縁、無関係な生活を送るのは、現代人には困難だ。

 ということは、ありとあらゆる人に、こうした犯罪に巻き込まれ、被害を被ったり、加害者の濡れ衣を着せられたりする可能性があるのだ、ということでもある。そのための対策はあらゆるレベルで立てられなくてはならない。事件から学ぶための検証が必要である。(岩上安身)

あわせて読みたい

「遠隔操作ウイルス事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  5. 5

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。