記事

成長戦略 焦点の課題 Q&A <1>

公明新聞:2014年5月19日(月)付

配偶者控除見直し
女性の就労拡大で議論
年収103万円超でも働きやすく。
専業主婦世帯などは負担増に

景気回復への足取りを確かなものにするため、政府は6月に新たな成長戦略や経済財政運営の指針「骨太の方針」を策定する方針です。焦点の課題をまとめました。

Q 配偶者控除の見直しが話題になっていますが、どんな制度ですか。

A 専業主婦やパートで働く妻がいる世帯の所得税、住民税の負担を軽くする制度です。専業主婦世帯を念頭に「家庭は妻が守る」という「内助の功」を尊重する観点から1961年に創設されました。

Q 具体的な仕組みは。

配偶者控除・特別控除の仕組み
A 妻の年収が103万円以下であれば、夫の所得から所得税で38万円、住民税で33万円が差し引かれます。妻の年収が103万~141万円未満の場合は「配偶者特別控除」として、妻の収入に応じ、控除額が段階的に縮小されます(夫の年間所得が1000万円以下の世帯が対象)【図参照】。

Q なぜ見直すのですか。

A 配偶者控除を受けるため、年収を103万円以下に抑える女性が少なくないからです。加えて、夫が勤める会社からの「配偶者手当」なども妻の年収が103万円を超えた時点から減らされるケースもあります。これらは「103万円の壁」といわれ、女性の就労拡大を阻む足かせと指摘されてきました。

共働き世帯が専業主婦世帯を上回っている中、配偶者控除は「社会の実態からズレている」などとの見方もあります。

Q 政府の対応は。

A 安倍晋三首相は3月、女性の社会進出を促すことを目的に、配偶者控除の見直しなどを検討するよう指示。これを受け、政府税制調査会は、見直しに向けた本格的な議論を始めました。

Q 縮小・廃止されたらどうなりますか。

A 財務省は、配偶者控除の対象者が約1400万人に上り、控除の廃止で6000億円程度の増収になると試算。民間調査機関によれば、控除対象となる妻の年収を103万円以下から65万円以下に縮小した場合、年収500万円の世帯で約7万円の負担増になります。このため、「専業主婦世帯狙い撃ち」などと控除の縮小・廃止には慎重な声が強く、「女性の活躍を促すには保育所の整備が優先」などとの意見も少なくありません。

さらに、配偶者控除が廃止されたとしても、妻の年収が130万円を超えれば、夫の扶養から外れ、妻自身が社会保険料を負担しなければならない「130万円の壁」に直面します。

こうしたことを念頭に、政府税調の中里実会長は、配偶者控除を単独で見直すことに否定的な見解を示しています。

あわせて読みたい

「配偶者控除」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。