記事

中国の主要な巡航ミサイル戦力

2/2

水上艦発射プラットフォーム


艦種ミサイル搭載数
就役状況
052B型/旅洋I型駆逐艦
(エリア防空)
YJ-83 4連装発射筒×4
南海艦隊×2
052C型/旅洋II型駆逐艦
(エリア防空)
YJ-62 4連装発射筒×2
東海艦隊×2
南海艦隊×2
他に2隻進水済み。
052D型//旅洋III型駆逐艦※13
(エリア防空)
DH-10艦載型?
YJ-12?
YJ-18?
32セルのVLS×2に搭載される。
南海艦隊×1
10隻以上進水済み。
051C型旅洲型駆逐艦
YJ-83 4連装発射筒×2
北海艦隊×2
ソブレメンヌイ級駆逐艦
(956E/956EM)
SS-N-22 サンバーン 4連装発射筒×2
東海艦隊×4
(956E×2)
(956EM×2)
052A型/旅滬型駆逐艦
YJ-83 4連装発射筒×4
北海艦隊×2
旅大型駆逐艦
(051DT/051G/051GII)
YJ-83 4連装発射筒×4
北海艦隊×2
南海艦隊×2
051B型/旅海型駆逐艦YJ-83 4連装発射筒×4南海艦隊×1
054型/江凱I型フリゲート
YJ-83 4連装発射筒×2東海艦隊×2
054A型/江凱II型フリゲートYJ-83 4連装発射筒×2北海艦隊×4
東海艦隊×4
南海艦隊×8
17~20番艦も建造中。
053H2G型/江衛I型フリゲート
YJ-83 3連装発射筒×2東海艦隊×4
053H3型/江衛II型フリゲートYJ-83 4連装発射筒×2北海艦隊×2
東海艦隊×4
南海艦隊×4
江滬I/II/V型フリゲート
(053H/053H1/053H1G)
SY-2/HY-2 連装発射筒×2
(053H/053H1)
YJ-83 4連装発射筒×2
(053H1G)
北海艦隊×3
東海艦隊×7
南海艦隊×8
(053H1Gはすべて南海)
053H2型/江滬IV型フリゲートYJ-8 単装発射筒×8?
または
YJ-83 4連装発射筒×2
北海艦隊?×1
022型/ホウベイ型ミサイル艇
YJ-83 4連装発射筒×260隻以上
056型/江島型コルベット
YJ-83 連装発射筒×2北海艦隊×3
東海艦隊×2
南海艦隊×6
他に7隻進水済み
20番艦まで建造予定
※13 8~12隻建造予定か。対地攻撃能力を付与されると見られる。


潜水艦発射プラットフォーム


艦種搭載ミサイル
就役状況
093型/商級原子力潜水艦YJ-82※14
CH-SS-NX-13(開発中)
2(東海艦隊×1?、南海艦隊×1?)
4隻?の改良型商級を建造中。
091/091G/漢級原子力潜水艦
YJ-82
3(北海艦隊×3もしくは
北海艦隊×2、南海艦隊×1)
キロ級ディーゼル潜水艦
(877EKM/636/636M)
SS-N-27 シズラー
(636M型のみ)
タイプはそれぞれ、
877EKM×2、636×2、636M×8
配備先は、東海艦隊×12もしくは
東海艦隊×8、南海艦隊×4
041型/元級ディーゼル潜水艦
(039A/039B)
YJ-82
CH-SS-NX-13(開発中)
最大で12隻就役したと見られる※15
039/039G型/宋級ディーゼル潜水艦
YJ-82×6?
CH-SS-NX-13(開発中)
北海艦隊×6
東海艦隊×3
南海艦隊×4
就役中の艦は16隻と見られる。
095型原子力潜水艦CH-SS-NX-13(開発中)5隻?建造中。
※14 超音速ASCM「YJ-12(鷹撃12)」を搭載するという情報も。
※15 運用中のものは8隻とも。


空中発射プラットフォーム


機種搭載ミサイル
就役状況
H-6爆撃機※16
(轟炸6)
H-6D(海軍):YJ-6(C-601)×2発/YJ-81/YJ-83
H-6G(海軍):YJ-83K×4発/YJ-63/KD-88
H-6H:YJ-63/KD-63×2発
H-6K:CJ-10K×6発
H-6M:CJ-10K×4発
他に、YJ-81も搭載可能。
空軍のH-6系×82?
H-6D×3?
H-6G×30~32
JH-7A攻撃機
(殲轟7A)
YJ-81/C-801K、YJ-83K、YJ-91(またはAS-17)、KD-88
空軍×96?
海軍×96?
Su-30MKK/MKK2
Kh-31P、AS-13、YJ-91(またはAS-17)空軍×73?
海軍×24?
J-11B/BS/BH/BSH
(殲撃11B/BS/BH/BSH)
YJ-91、KD-88
空軍×62?~120?
海軍×4+?
J-11A
(殲撃11A)
YJ-91、YJ-81/C-801K
36?
Su-27SK
Kh-31P
36
J-10B
(殲撃10B)
YJ-81/C-801K、YJ-8310?
J-10/A/S/AH/SH
(殲撃/A/S/AH/SH)
YJ-81/C-801K、YJ-83、YJ-91空軍×216?
海軍×24?
※16 H-6Gは、H-6Dの後継機。H-6Mは、H-6Kのストップギャップ。


ヘリの役割
固定翼機に比べ、回転翼機はシューターとしての役割を期待されていません。超水平線ターゲッティング(OTH-T)プラットフォームとして、MR-331「ミネラル-ME」対艦ミサイル管制用レーダー等を搭載してデータリンク・ノードを担っています。

巡航ミサイル迎撃態勢
まず、巡航ミサイルによる攻撃に関して。
陸・海・空軍と第二砲兵は、実戦環境を模した中で巡航ミサイル攻撃訓練を頻繁に実施しています。想定されるシナリオの第一は台湾有事であり、攻撃に関する訓練の質も年々向上しています。

次に、巡航ミサイル迎撃に関して。
地対空ミサイル(SAM)の数は世界有数で、ロシアからS-300を輸入し、さらに国産のHQ-9などの諸システムも保有します。早期警戒機の導入や052C型駆逐艦のようなエリア防空能力を持った艦も登場し始めています。とはいえ、人民解放軍の巡航ミサイル防衛力はまだまだ脆弱で、この点は中国国内の専門家も深刻に受け止め、SAMシステムや早期警戒機のさらなる導入、電子戦能力の向上など、ハード・ソフト両面での巡航ミサイル防衛網構築について考えているようです。軍内部では、湾岸戦争時の運用例を材料にトマホークの研究も進めているようですね。

中国の巡航ミサイル防衛システムの運用能力がどれほどであるのか、SAMと空・海軍の航空部隊の連携、空軍と海軍航空隊の共同オペレーション能力がどの程度調整されているかなども不明で、今後の研究が待たれます。

次世代巡航ミサイル
次世代の巡航ミサイルは、高速化と長射程が特徴となります。その技術の一つとして、極超音速機の開発計画が存在します。中国では、以前から極超音速飛行体の開発計画に研究開発投資が続けられています。次世代型飛行体計画では、空気吸入式超音速燃焼ラムジェット(スクラムジェット)エンジン技術を採用し、マッハ5の極超音速スピードを実現するというプロジェクトもあります。研究投資の対象として、他にも先進型耐熱素材、レーダーや赤外線識別減少(例:ステルス)技術、MEMS(微小電気機械素子及びその創製技術のこと)、自律制御システムの開発などへも集中しています。中国が行ったスクラムジェット推進飛行体の研究シミュレーションでは、航続距離が1,000~2,000km、高度は25~30km、速度はマッハ6に達するという結果を得られたとのこと。

核巡航ミサイルは?
今のところ存在しないと見られます。技術的な問題ではなく、指揮・統制に問題を引き起こすこと、現在の核ドクトリンに一致しないこと、好ましくない国際的反発を招くこと、などがその理由と考えられています。共産党中央委員会では、「核兵器の任務は戦略的抑止である」とみなしています。将来の可能性までをも完全に排除することはできませんが。

◇ ◇ ◇

中国の兵器に関しては資料ごとに数値がまちまちだったりするので、正確なところを把握するのが難しいですね。本書のような資料でさえも明らかに間違っている点があったりするので、この手のものを読む際にはほんとに注意が必要だなと毎回思います。実際、個々の兵器の諸元を知るだけならば、この著書より詳しく正確な資料やサイトがあります。しかし、A・S・エリクソン教授やJ・ユアン教授のような専門家による高位の戦略階層を含んだ分析は、やはり大変参考になるものです。

この著書では他にも、ミサイルの性能やプラットフォームの解説だけでなく、巡航ミサイルが中国の戦闘ドクトリンでどのように位置づけられているか、ということを実際の中国のテキストブックを引用する形で紹介しています。興味のある方はそちらも是非。

今回、『A Low-Visibility Force Multiplier: Assessing China’s Cruise Missile Ambitions』をベースにその他報告書や国防白書、メモしておいた報道の情報などを加味してみました。でも、中国の兵器開発ペースを考えると、今年中にここでまとめた数字も陳腐化するんだろうなあ…。暇を見つけて追記できればと思ってます(^_^;)


【参考資料】

あわせて読みたい

「軍事」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  5. 5

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  9. 9

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。