記事

経営統合を発表したKADOKAWAとドワンゴが共同会見

1/2
niconico 写真一覧
14日、角川書店や中経出版、メディアファクトリなどを抱えるKADOKAWAと、ニコニコ動画などを運営するドワンゴが、経営統合することが発表された。

両社は10月1日に共同持ち株会社「KADOKAWA・DWANGO」を設立し、それぞれがこの持ち株会社の子会社となる。代表取締役会長にはドワンゴの創業者で会長の川上量生氏が、また、KADOKAWA会長の角川歴彦氏は取締役相談役に就任する。

KADOKAWAは昨年、ドワンゴの第二位株主となっており、角川氏と川上氏の対談、川上氏の単著がKADOKAWAから出版されるなど、両社は様々な面で協力関係にあった。同日夕方、新会社の経営陣が出席、記者会見が行われた。

経営統合の目的は

新経営陣の説明によれば、KADOKAWAの持つコンテンツ・リアルプラットフォームと、ドワンゴの持つネット上でのプラットフォーム・展開力を融合させ、「世界に類のないビジネスモデル、コンテンツプラットフォーム」を確立。「ネット時代の新たなメディア」を築くという。今後、両社が保有するコンテンツによってニコニコを強化、クール・ジャパン戦略も強化。デジタル対応を急いできたKADOKAWAはエンジニアリングの内製化も可能になるという。

具体的には、KADOKAWAの持つ取材・編集力と、ドワンゴの持つUGC(ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ)発信力、展開力を融合させ、"ネット時代の新しいメディア"を構築。「紙媒体☓ネットメディア」という観点から、新広告メニュー、サービスを増設、飛躍的な収入の伸長を目指すという。

また、共同事業としては、ゲーム情報ポータル、電子書籍、クリエイター支援、地域情報、ゲーム事業など、単独では実現できなかった事業を具現化していくようだ。

記者からは、昨年行われた川上氏と経産省職員との結婚披露宴に角川氏も出席していたことが統合のきっかけか?との質問も飛び出したが、川上氏はきっぱり否定した。

川上氏「新しい世界を切り開ける」

川上量生氏 写真拡大
相談役を名乗っている角川会長が今後本当に退く気があるのかというKADOKAWAと、スタジオジブリの鈴木プロデューサーに弟子入りし、宮崎吾朗氏とアニメを作っている川上の、経営を引き受ける気があるのかというドワンゴが合わさった時に、誰がどうやって運営していくのか、訝しく思う方も多いのではないかと思います。その懸念はだいたい当たってるんじゃないかなと思います(笑)

単純に、プラットフォームをやっているドワンゴと、コンテンツをやっているKADOKAWAの二つが合わさったと理解されたとすれば、それは少し違うのではないかと思います。実は両社とも、両方をやることを目指してきた会社だと思います。

KADOKAWAについて言えば、雑誌やその販売網も、ネットのプラットフォームと同じ、リアルなプラットフォームだと思います。僕らもネットの世界でプラットフォームだけを提供すると思われていますが、自身でもコンテンツを作り続けてきたIT企業です。 僕も図を見てびっくりしたのですが、今朝の日経1面に、KADOKAWA=出版、ドワンゴ=イベントと書かれてまして、我々はIT企業で認識されていないのかと思いました(笑)。でも、これは光栄なことだと思っています。GWにはニコニコ超会議をやりましたし、それが非常に印象に残っていて、そう言っていただけたのだと思います。

リアルとネットの世界で、両方を提供してきた会社がひとつになるという相性がいいのではないかと思います。

ネット企業というのは、一つの事業に絞っていくというのが、これまでの趨勢だと思いますがずっと正しいのかということに疑問を持っていました。かつてはOSとハード、それぞれ専門に作っている企業の方が、両方作っているモデルよりも優れているとされてきましたが、現在では、逆に垂直統合のアップルが優位になっています。 専業で行くのか組み合わせて行くのかは、時代の流れ、周りの環境によって絶えず変わるものだと思います。

おそらく日本でこれからコンテンツを展開していく上では、プラットフォームと両方提供するモデルがベストなモデルだと思っています。

日本で一番プラットフォームとコンテンツ両方を提供しているのは任天堂だと思います。今、若干状況は厳しいかもしれませんが、トータルで見ると世界で競争力を持って、非常に成功している唯一と言ってもいい企業だと思います。こちらもプラットフォームとコンテンツを両方持って、絶えず軸を変えることで生き残ってきたんです。

今回の新しい会社では、コンテンツとプラットフォームが融合することで、他の会社との直接の競争を避けて、新しい世界を切り開けるのではないかと思っています。

二社が一緒になることの意味は、決して囲い込むことではありません。双方に言えることですが、KADOKAWAさんは当然これからもコンテンツをYouTubeに提供するでしょうし、我々もKADOKAWA以外のコンテンツもやります。囲い込むための統合ではなくて、オープンな統合です。

あわせて読みたい

「ドワンゴ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

  10. 10

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。