記事

蓮舫さん「STAP細胞はありますか?」野依良治・理化学研究所理事長(ノーベル賞受賞者)と歴史という法廷

【2014年5月13日(火)参議院内閣委員会】

 民主党・新緑風会は第186回通常国会で、3つの第1種常任委員長ポストを持っていますが、その1つ。水岡俊一さん(2010年兵庫選挙区)が委員長の内閣委員会。

 元行政刷新大臣の蓮舫さん(2010年東京選挙区)が登場。

 議題は日本版NIH関連2法案(186閣法21・22号)です。

 衆議院段階では、ノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥・京都大学iPS研究所所長が参考人として呼ばれました。

 きょうは理化学研究所の野依良治理事長(ノーベル化学賞)と川合真紀理事と、旧科学技術庁から天下った理事の3人が呼ばれました。

 小保方晴子・理化学研究所研究員が発見した「STAP細胞」に関して論文に不正があったと断定して、理研が処分した問題を取り上げました。

 民主党の第1次与党期の冒頭、政府外議員だった蓮舫さんが事業仕分けをしたところ、野依理事長が自民党本部にかけこみ、部会で、「歴史という法廷に立つ覚悟があるのか」と語ったのが印象に残っています。

 蓮舫さんが理事長の責任を問うと、野依さんは「研究所全体の倫理の問題として、(小保方さんを代表者とする)共同研究の事業は、若者らの意識の変化もあり、経営者(理事長)として非常に重く受け止めています。経営者の責任として、若手の研究者の自立の支援と、外部有識者による委員会の調査結果を待ちたい」と語り、辞任を拒みました。

 蓮舫さんが、かつて理化学研究所研究員のW氏が単独執筆者として「サイエンス」という雑誌に投稿した論文について「切り貼りの疑いがある」と編集部から理研にいるW氏に対してクレームがあり、その数か月後に、小保方さんが「ネーチャー」に投稿した論文にも「切り貼りの疑いがある」と編集部から返答があったと指摘。W氏に対するクレームについて、理研執行部は把握していたのかどうかを問うたところ、川合真紀・理化学研究所理事は「連絡を取ったかどうか、記録が残っていない」とあいまいな答弁をしました。

画像を見る
[画像]蓮舫さん、参議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

画像を見る
[画像]野依良治参考人、参議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

画像を見る
[画像]川合真紀参考人、参議院インターネット審議中継からスクリーンショット。

 蓮舫さんが「野依さんは記者会見で、小保方さんのことを未熟な研究者と呼んだが、若手を育てるというよりも、若手を切り捨てるのが理研ではないか」」と質問。野依さんは「研究不正について世界の研究機関が悩んでいる。また、理研としては今後も女性と外国人の研究者を積極的に登用していきたい」とノーベル賞受賞者にあるまじき不誠実な答弁をしました。水岡委員長が「もっと端的に答えてください」と叱りました。

 小保方さんを調べる、理研の調査委員会の委員長だったI氏が自身の論文に切り貼りがあるとして辞任したことについて、川合理事は「I氏については、第三者委員会が処分中だ。実は、他の調査委員に対しても多量の論文への疑義(ぎぎ)が寄せられており、きょうにも調査結果を発表したい」としました。ここで、蓮舫さんが「なぜ小保方さんは(切り貼りがあるなどの論文の不正について断定され)調査委員よりも先に処分されたのか」と質問すると、川合理事は「私が調べているわけではない」と答え、委員長不在の第三者委員会に責任を丸投げしました。野依さんは「規定に基づいて処分した」と答弁しました。

 蓮舫さんは「野依理事長、STAP細胞はありますか?」 と質問。野依さんは「研究によって明らかにされるべきだ」としました。

 なお、小保方さんの2度目の会見での、「STAP細胞はあります!」とのコメントは、会見の終盤にフジテレビ記者の端的な質問に答えた格好です。これをみて思い出したことがあります。15年前、私は、横浜市立大学病院の患者取り違え手術事件で、自分が所属する記者クラブ(新聞社・通信社・NHK・TVK)と、テレビ・ラジオ記者会(フジテレビなど在京民放、ラジオ日本) と合同で開催した記者会見に出ました。会見中盤を過ぎると、初めて見る民放記者4人たちが次々と、会見者に向かって「こんな記者会見ないですよ!」などと罵声にも聞こえる言葉を浴びせ始めました。これはなんだろうと思いました。どうやら民放記者は、テレビカメラの前で会見者を感情的にさせ、たったひとつの印象的なひと言を切り出してニュースをつくろうと考えているのだろうと思いました。テレビ記者はこわいな。そう感じました。ただ、横浜市立大学事務局長は、もともと横浜市役所局長経験者なので、記者会見に慣れていて、無難に切り抜けました。

 野依さんの子息は読売新聞記者なので、読売はこの問題で少し手加減しているようにも感じます。

 「2位じゃだめなんですか?」という印象的なセリフを残した蓮舫さんが「STAP細胞はありますか?」と印象的なセリフを発しました。

 どちらが正しいかどうか。政権再交代をかけた第47回衆議院議員総選挙と蓮舫さん自身が改選を迎える第24回参院選がある2016年(平成28年)明らかになるでしょう。

あわせて読みたい

「STAP細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。