記事

Bloomberg Hub:新たな読者獲得のための空港のメディアラウンジ

画像を見る

経済・金融情報を扱うBloombergは、世界初の「Bloomberg Hub」というメディアラウンジをロンドンシティ空港につくりました。

ビジネスパーソンによく利用されるという、ロンドンシティ空港。この空港のラウンジで広告をうちたいと考えていたBloombergは、最高マーケティング責任者のMaureen McGuire(マウリーン・マクガイア)さんの提案によって、スペースそのものを改装することに。株式相場表示機、ニュースやフライト情報を表示するメディアパネル、無料Wi-Fiなどの設備を備えた、ビジネスパーソン向けの空間をつくったのでした。

他にもBloombergのアプリが使えるタブレットや充電ステーション、靴磨きやアイロンの無料サービスまであるそう。フライトまでの時間、人々は快適に仕事をしたりくつろいだりすることができそうです。

画像を見る

画像を見る

画像を見る

Bloombergとロンドンシティ空港は、3年間のBloomberg Hubの契約を結んだとのこと。またマクガイアさんは、将来アメリカとアジアにも、このメディアラウンジをつくるかもしれないと話しています。

 
このスペースをつくるためには相当なお金がかかっていそうですが・・たしかに新たなユーザーへのPR効果は期待できそうです。

以前にもNYTがスターバックスとコラボした事例スイスの日刊紙がカフェでPRを行った事例を紹介したように、「メディアとカフェ」というのは相性が良いものですが、「ビジネスパーソン向けのメディアと空港」というのもまた、相性が良い組み合わせだと思いました。

PRのための「メディア×◯◯」という取り組みは、探せば他にも見つかりそうですね。

(via PSFK, The Drum

あわせて読みたい

「ブルームバーグ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  5. 5

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  6. 6

    769億円で「幽霊法人」に発注か

    文春オンライン

  7. 7

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  8. 8

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  9. 9

    解除後初 都内で集団感染発生か

    ABEMA TIMES

  10. 10

    テラハ制作の無責任 過剰演出も

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。