記事

Bloomberg Hub:新たな読者獲得のための空港のメディアラウンジ

画像を見る

経済・金融情報を扱うBloombergは、世界初の「Bloomberg Hub」というメディアラウンジをロンドンシティ空港につくりました。

ビジネスパーソンによく利用されるという、ロンドンシティ空港。この空港のラウンジで広告をうちたいと考えていたBloombergは、最高マーケティング責任者のMaureen McGuire(マウリーン・マクガイア)さんの提案によって、スペースそのものを改装することに。株式相場表示機、ニュースやフライト情報を表示するメディアパネル、無料Wi-Fiなどの設備を備えた、ビジネスパーソン向けの空間をつくったのでした。

他にもBloombergのアプリが使えるタブレットや充電ステーション、靴磨きやアイロンの無料サービスまであるそう。フライトまでの時間、人々は快適に仕事をしたりくつろいだりすることができそうです。

画像を見る

画像を見る

画像を見る

Bloombergとロンドンシティ空港は、3年間のBloomberg Hubの契約を結んだとのこと。またマクガイアさんは、将来アメリカとアジアにも、このメディアラウンジをつくるかもしれないと話しています。

 
このスペースをつくるためには相当なお金がかかっていそうですが・・たしかに新たなユーザーへのPR効果は期待できそうです。

以前にもNYTがスターバックスとコラボした事例スイスの日刊紙がカフェでPRを行った事例を紹介したように、「メディアとカフェ」というのは相性が良いものですが、「ビジネスパーソン向けのメディアと空港」というのもまた、相性が良い組み合わせだと思いました。

PRのための「メディア×◯◯」という取り組みは、探せば他にも見つかりそうですね。

(via PSFK, The Drum

あわせて読みたい

「ブルームバーグ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  2. 2

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  3. 3

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  4. 4

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  5. 5

    病院長解任に「旭川医大の酷さ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    庶民に自粛させ豪遊する自公幹部

    田中龍作

  8. 8

    眞子さま 4月から無職の可能性も

    女性自身

  9. 9

    朝日と産経 動画でまさかの連携

    岸慶太

  10. 10

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。