記事

「デート保証型」が評判のマッチングサイト「Project Fixup」

1/2
画像を見る

「仕事の不安定感」を言い訳に結婚を先延ばしにしつづけていた僕だが、昨年めでたくアラフォーに突入した。アラフォー入りした昨年は説明しがたい焦燥感にかられ、積極的に「婚活」していた。

結婚相談所などの従来のサービスも使ってみたのだが、出会いまでのプロセスがかなり面倒だし、なんといっても高い! やはり、安価で手軽に婚活できるオンラインサービスにどうしても魅力を感じてしまうのは僕だけではないはずだ。

オンラインサービスは、結婚相談所のような従来のオフライン型のサービスと比べて出会いの質が悪いと心配する声もあるが、両方試してみた僕としては、そこまで大きな違いを感じなかった。オンラインサービスでの出会いをきっかけに結婚に至ったというケースも増えているようだ。実際、お会いした女性から「結婚しました♡」という、めでたくも大変複雑な気持ちになるご連絡をいただいたこともある。

「出会いのオンライン化」は、米国でももちろん盛んだ。日本のように「結婚」を全面に押し出してはいないものの、米国でも真剣なお付き合いを求める男女のマッチングサイトとして「Match.com」や「eHarmony」などのサイトが人気だそうだ。

今回紹介する「Project Fixup」もそんなオンラインマッチングサイトの1つだ。サイトが出会いだけでなくデートのセッティングまでも請け負ってくれるというサービスが評判で、数あるオンラインデーティングサイトのなかで注目を集めている。

アンケートを元にデートの相手や日時、場所までセッティング

出会いを求める人のためのマッチメイキングサイトはたくさんあるが、Project Fixupのユニークな点は登録時のアンケートを元にマッチメイキングを行い、デートの日時から、食事、ドリンクの好みによって最適な場所までセッティングしてくれることだ。

多くのオンラインデーティングサイトでは、膨大なプロフィールのなかからの気に入る人の検索、コンタクト、デートの約束の取り付けなどにかなりの時間と労力を費やすことになるが、Project Fixupではそうした手間が極限まで省かれている。

まず同サイトには公開されているプロフィールはなく、10分程度のアンケートに答えるだけで、あとの仕事はすべておまかせ。しかも、デートにこぎつけられなければ料金も一切かからない。

画像を見る

サービスの利用にはサイトへの登録が必要だが、もちろん無料。eメールアドレスがあれば誰でも簡単に登録することができる。

eメールアドレスを登録すると、アンケートの画面に進む。ここで自分の性別を記入するのだが、相手の性別も希望することができる。つまり、男女のカップルだけでなく、同性のカップルを探すこともできるわけだ。

画像を見る

つづいて、自分の誕生日や身長、政治観、人種、宗教、学歴などを記入する。同時に相手への希望もリクエストすることが可能で、相手の年齢に希望がある場合は「I'm picky(こだわりあり)」を選び希望の年齢を入力、相手の年齢がいくつでも構わない時は「I'm not picky(こだわらない)」を選べばよい。

画像を見る

次のページでは自分の好みを選ぶことができる。ワイン・ビール・コーヒーなどの飲み物や、デザート・タコスなど食べ物の好みを「Yes」「No」で選ぶだけだ。一口に「お酒が好き」といっても、ワイン好きとクラフトビール好きではデートの場所が変わってくるというわけだ。

画像を見る

Project Fixupでは1対1のデートのセッティングを基本にしているが、2対2やグループなどの変則デートのセッティングも機会があれば行っているという。これは他のオンラインデーティングサイトにはない、新しい試みだろう。「ひとりではちょっと...」という人にもオススメだ。

画像を見る

このあとは自分の趣味についての質問があり、その後自分の写真を貼付けたら登録は完了だ。アンケートにかかる時間は約10分。ドロップダウンの選択肢の中から選ぶだけのもの、「Yes」「No」で答えるものなどが多い上に、趣味など自分でタイプしなければいけないものには簡単な例がついていて答えやすいのが特長だ。

画像を見る

登録が完了すると、スタッフがアンケートをチェック。問題がなければ約1〜2週間で承認されるという。

アンケートが承認されると、いよいよ、デートのセッティング「Fixup」を行ってもらうことになる。

自分の空いている時間を指定したカレンダーをアップデートすると、自分の記入したアンケートやスケジュールを元にセッティングされた「Fixup」の詳細がeメールにて送られてくる。Fixupに掲載されているのは、相手の簡単なプロフィールと写真、そしてデートの場所と日時だ。

画像を見る

Fixupが気に入れば「Confirm(確認)」をクリックし、ここで初めて料金が発生する。Fixupのセットアップ料金は15ドル(約1500円)と非常にリーズナブルだ。これ以外には料金は一切かからないし、双方が「Confirm」した場合のみに課金される。つまり「デート保証型の課金体系」ということだ。相手が気に入らなければパスすることもできるし、日時を変更することも可能だ。

こうしてFixupがセッティングされたら、あとは指定された日時に指定された場所へ向かいデートを楽しむだけ、というわけだ。

「新しい誰かとあなたの街を経験しよう」というサイトのキャッチフレーズ通り、デートの場所に選ばれるバーやレストランなどは地元に密着したインディペンデント系のスポットが多いという。雰囲気のよいスポットで出会うことで、デートの雰囲気もグッと良くなることだろう。

知らない誰かと会うのだからセキュリティの面が気になるが、Project Fixupでは他のオンラインデーティングサイトと同じく、特にバックグラウンドチェックなどは行っていないという。

ただし、トラブルにならないようにFixupは必ずレストランやバーなどの公共の場がセッティングされる。

また、独自にショートメールが送れるアカウントを提供し、お互いに連絡先を教えなくても連絡が取れるような工夫がされている。デートのあとにはレビューを送ることもでき、トラブルがあった場合にはサイトに報告できるしくみだ。

あわせて読みたい

「EC」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。