記事

週刊ビッグコミックススピリッツ4月28日及び5月12日発売号における美味しんぼの放射能関連についての環境省、福島県、双葉町、大阪府、大阪市の抗議等

 今日まで、皆さんへのご報告第一弾を延ばしていたのは、以下の事情によります。

 本日発売の号でも、「大阪の瓦礫焼却場付近の住民に呼吸器系の症状が出ている」「(双葉町前町長)今の福島に住んではいけない」「(福島大准教授)除染作業のたびに喉が痛くなるなど具合が悪くなる」「除染をしても汚染はとれない」「福島はもう住めない」等が、漫画「美味しんぼ」に掲載されました。
 4月28日発売号における「福島第一原発の見学者が疲労感と鼻血の症状を訴え、福島では同じ症状の人が大勢いる」との表現への対応とあわせて、政府(環境省)、福島県、双葉町、大阪府・大阪市が対応文や抗議文を改めて公表することになっており、実際公表されましたので、それを待ってのことです。

 政府内では、除染等を所管する環境省が担当であり、自民党における環境省の政策責任者は、環境部会長の片山さつき、つまり私です。
 本件は、すでにGW前から、このコミックの出版元の小学館より、環境省に取材要請があり、福島県での鼻血等の要因として放射能の影響が考えられるか、瓦礫処理で健康被害が出うるか、実際出ているか、除染は効果があるか、除染作業で健康被害が出ているか、などについて、5月19日発売号での検証記事用、とのことで、取材要請がなされているそうです。
 つまり、政府に公開のボールを投げて、その答えもまた公開のボールで投げ返す、という、「ある程度物議をかもす」ことを確信したやり方と、見て取れます。

 本当に被害にあっている人いるとして、その人を救済したいなら、何故、このようなやり方をとる必要があるのか、確たる証拠がないのにただ風評被害を悪化させるだけの風説の流布ではないのか、などすでに新聞等メディアで批判が出ています。
 
我々部会は、国民からのご意見ご指摘に対する環境省の対応が適当が不適当がをチェックする機能も果たさなければなりません。 役所の大本営発表を丸呑み、なぞるだけでは、党の部会の意味はないからです。
 
 しかし、この8ヶ月で何度も福島に入り、福一も視察している私が実際に見聞きしている範囲でも、環境部会と一緒に行動している原子力PTの吉野事務局長ー福島選出の代議士、からしても、この漫画の描くところは、少なくとも現在の福島からみて、首をかしげざるをえないものです。
 
 大阪でも、焼却場付近の工業地域に住んでいる人がどれほどか、岩手の瓦礫しか燃やしていないのに、そもそも放射能被疑云云の話か?大阪の市長会の幹部でもある泉南市長とは、日曜午前中一緒でしたが「聞いたこともない!」と、驚いていました。
 大阪知事と市長は、事前に原稿を送られて修正を要求したのにそのまま掲載されてしまったようで、かなり怒った抗議文になっています。

 いずれにせよ、14日水曜朝8時からの環境部会で本件を取り上げ、またその模様を報告させれいただきます。
 
リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る



iPadから送信

あわせて読みたい

「美味しんぼ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。