記事
  • 2014年05月11日 10:35

ベトナム絡みで中国紙が報道していたこと

 相変わらず体調はすぐれないので、今日も短めのロクに調べてもいない記事で勘弁願います。

 中国ネタをメインと言いながらロクにここのところ中国紙を見ていなかったことや、ベトナムとの問題でどのように報道されているか気になったので、ブログを書くためだけに見ている環球網を見てみたところ、大変興味深いことになっておりました。

1 記事の紹介

 私的には単独の記事より、新聞がどういうスタンスで報道しているかを知るという意味合いからも論評(含む社説)を見ることが多いのですが、環球網の論評を見たらあったのが、「亚运会,越南弃办,中国不要接盘」というものでした。

 これは4月中旬にベトナムが2019年に開催予定のアジア競技大会を経済的理由で開催権を放棄するとしたことを受けて、中国南京市の共産党書記長が開催を引き受けてもよいと発言したところ、反対の声が起こっているというものです。

 記事では、開催は既に16回に達しており、今さら、開催する目新しさがないこと、開催費用が増加の一途にあること、それに一義的な開催義務はベトナムにあるなどから、如何なものかとし、中国のどの都市も引き受けるべきではないとしております。

2 ベトナム

 私的には環球網にはベトナムがらみの記事では、当然南シナ海でのにらみ合いに関する中国側の自己弁護を思いっきり期待していただけに、少し肩すかしをくらったような恰好です。

 中国は中国こそが平和主義で(『中国の平和発展』白書)、各国は中国のこうした姿勢を評価しているというスタンスなので(例外は日本とアメリカ)、あまり他国との争いが表面化することは望んでおりません。

 これまでのパターンだと東南アジアと中国との争いはアメリカや日本の中国封じ込め政策の一環という形での批判をしてくることもあったので(中国封じ込め政策?中国包囲網?)、今回はどういう風に何を主張してくるのか楽しみにしていたというのが正直なところです。

3 最後に

 中国外務省スポークスマンがいろいろ言っていたはずですが、体調が思わしくなく頭が痛くロクに探すこともできないので、ここまでとさせていただきます。

 ただ、中国は常に私の予想の斜め上を行く国であることは間違いなく、環球網を見ていても、韓国の旅客船沈没のことは今でも大々的に報道しているにも関わらず、また、日本がらみだと尖閣諸島問題では紙面全部が尖閣絡みだったのとかなり対照的です。

 そういう意味で、今回のことは少しびっくりしているわけですが、おそらく国の方針がまだ決まっていないことや、今回のことはベトナムだけなく、アセアンがどう動くかによっては東南アジアの国々との関係という問題もあり、こういう形になっているのかなと勝手に推測しているところです。

あわせて読みたい

「南シナ海」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  2. 2

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  10. 10

    河野太郎氏“年金の財源は消費税”発言に「勘弁して」と経済政策に高まる不安

    女性自身

    09月20日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。