記事

少子化対策のための地方復興

究極の少子化対策としての離婚政策は極端として、本気で考えないといけないのが就業のあり方だろう。
都心に人口を集中させたのではダメ、子供のそばにいて仕事ができるようにすべきだ。

保育所を作ることも重要だが、子供も親も、両方にとって一番幸せなのは長い時間、一緒に過ごせる環境だろう。
自分の子供時代を思い出すと、両親とも働いていたが、ちょっと顔を見たいと思うと、それがすぐに実現できた。
もう1つ思い出したのは、住んでいるマンションの犬のこと。
飼い主が働きに出て留守の時、ヒイヒイ鳴いてうるさいとかで、犬専用の施設に昼間預けられるのだが、その預けられる瞬間を見たことがある。
その時の犬が実に悲しそうな顔をしていた。

親にとって、子供を保育所に預け、それから長時間かけて都心に通勤するのは、どう考えても過酷である。
1人の子供はともかく、もう1人とは、余程根性がないと決断できないと思う。

では、親と子が近くで過ごすにはどうすればいいのか。
1つは地方に働き口をたくさん作ることである。
そのためには、都心にビルを有する企業や、都心の不動産そのものに高い税金をかけることが必要となる。
追っ払うわけだ。
それで徴収した税金を地方に流せばいい。
その税金は、インフラ投資ではなく、企業を地方誘致するために使うのが一番いいと思う。
もっとも、この方法の問題は、効果が現れるまで長時間必要なことだろう。

もう1つは、せっかくのインターネットの時代だから、遠隔地にいて仕事ができるようにすることである。
テレビ会議や、モニターでの従業員の仕事の把握である。
自宅で仕事をさせるのはどうかと思うのであれば、地方にサテライト事務所(集合所)を設ければいい。
それなら、従業員が近くに住居を購入するのも容易だし、通勤も楽である。
従業員のための保育施設の設置も簡単なはずだ。

一昨日登場したT社長の会社は調査会社である。
そのこともあり、インターネットを活用した仕事を推進している。
出産で一旦辞めた女性や、遠隔地に引っ越した女性をインターネットで会議に参加させている。
もちろん事前の資料作成は自宅で相当程度可能である。
そんな会議をしていると、子供の声が時々する。
以上のような発想の会社が増えないと、いくら政府が少子化対策と叫んだところで実効性に乏しいだろう。

あわせて読みたい

「少子化」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  5. 5

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  6. 6

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  9. 9

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  10. 10

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。