記事

トヨタがソフトバンクに抜かれる日はくるか

トヨタは今日、14年3月期の決算発表をしました。昨日は、ソフトバンクの決算発表がありました。両社は“ライバル関係”だという。本当でしょうか。

世界の産業史を振り返ると、経済の発展とともに、その国の産業構造は、第一次産業の農業、林業、漁業などから、第二次産業の鉱業、建設業、製造業、そして、第三次産業の金融や流通、飲食などサービス業へとシフトしていきます。

これは、いわば必然の流れで、欧米をはじめ先進国ではすでに、自動車や電機といった製造業より、ITや金融といったサービス業に、産業の中心が移っています。日本においても、産業別の就業者数を見ると、第三次産業に従事する人口は増え続け、すでに約70%に達しています。

日本は、自動車や電機といった製造業が、産業構造のなかで、いまだ大きな影響力をもっています。“モノづくり大国”を自負しています。断るまでもなく、トヨタはその代表選手です。今日発表された、トヨタの14年3月期の決算によると、売上高が25兆6919億円で、営業利益は2兆2921億円です。営業利益は、過去最高を更新しました。私は、トヨタは、まだまだ成長すると思います。

リンク先を見る
※会見に臨む豊田章男氏

ソフトバンクは、昨日、14年3月期の決算発表をしました。売上高が6兆6666億円で、営業利益は初めて1兆円を超えました。いまや、日本の第3次産業の成長を代表するトップランナーです。日本企業の営業利益ランキングを見ると、ソフトバンクは、1位のトヨタ、2位のNTT(持ち株会社)に次いで、3位です。3社はいずれも、営業利益が1兆円を超えています。ソフトバンク社長の孫正義氏は、会見の席上、こう豪語したのです。「いずれトヨタも抜き、圧倒的な1位になる」と。「トヨタを抜く」などと豪語する人は、日本では孫氏しかいないでしょう。

孫氏のソフトバンク成長戦略のポイントは、資金力を生かしたM&A戦略ですね。今回の業績拡大も、米スプリントの買収効果が大きかった。今後も、米TモバイルUSの買収などを検討しているとされています。

ソフトバンクは、現在のところ、資金調達手段には事欠きません。先日、ソフトバンクが34.4%を出資して筆頭株主を務める中国のアリババ集団は、米市場への上場を申請しました。孫子は、「売るつもりはない」としていますが、かりにも株を売却すれば、多額の資金を調達できることは事実です。つまり、ソフトバンクには、まだまだM&Aによる成長の余地があります。

トヨタは、堅実に「持続的成長」を目指しています。2兆円以上を稼ぐトヨタに対し、ソフトバンクは、現在、その半分の1兆円台に達したにすぎません。M&A戦略で、一気に拡大を目指す第三次産業代表のソフトバンクが、トヨタを抜き、日本一になる日は、くるのでしょうか。つまり、トヨタがソフトバンクに抜かれる日はくるのか。

近い将来、トヨタの営業利益が3兆円台に達することは、不可能ではないと、私は思います。リーマンショック後の体質改善の成果は、むしろこれから現れると思われるからです。そのとき、ソフトバンクは、どこまで躍進しているでしょうか。

営業利益のトップ争いなんていう話は、久し振りに明るい話題じゃないですか。大いに闘ってほしいですよね。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  6. 6

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  8. 8

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  9. 9

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。