記事

出張報告(ロンドン・カタール)

 今週、ロンドン(一日半)とドーハ(二日間)を訪れ、昨日帰国しました。グローバルな金融センター・ロンドンにおける投資家とのミーティングと日本へのLNGの第二位の輸出国であるカタール政府の要人との面会のための出張です。

 ここでは余り詳細には触れませんが、今後の政策に活かすべきポイントとしては、次のような点になろうかと感じました。

 まず、ロンドンについては昨年4月末以来一年ぶり、アメリカ東海岸にもこの一年で9月、1月と出張し、さらに東京での海外投資家とのミーティングも含めれば、この一年で海外機関投資家延べ50社以上とミーティングしてきておりますので、定点観測的なアウトプットも含めれば、日本への見方はこんな感じかと思われます。

 そもそもの大きな流れとして、昨年盛り上がった日本への期待感は、依然残ってはいるものの大きく低下しています。彼ら自身の損失というのもありますが、やはり一番大きいのは「三本目の矢」がなかなか見えてこないという点。確かに市場や経済に直接的に効果をもたらす「一本目の矢」「二本目の矢」に比べれば、間接的に構造改革を促す三本目の矢に関しては、市場の期待と政治の現実のかい離が時間軸の差となって存在しているのは事実です。

 この点の説明も時間をかけて行ってきました。しかし、コミュニケーションという点を除いても、構造改革の進捗が遅過ぎるのは確かで、永田町にいても自民党内の議論が政権のスピード感を相当減じているのは私自身も感じるところであり、我々も危機感を持って進めていかねばなりません。

 さらに彼らがフラストレーションを感じているのは、結局日本の企業も投資家も、リスクをとるマインドが極めて弱く、積極的な動きがないため、外国人投資家のみで日本の株価上昇を担っているような状況となっている点。確かにようやくインフレへ期待がデフレマインドに打ち勝ちつつある環境変化も見られつつありますので、企業活動や投資活動において適切なリスクを取れるようなマインドセットへの転換を後押しできる政策を打つ好機であるのも事実です。

 具体的なメニューについては、法人税減税、各分野における規制改革をはじめ明確となってもいますので、時間軸も明確にしながら6月の成長戦略・骨太の方針に向けての努力を進めていきたいと思います。またここには書きませんが、消費税の問題をはじめ多くのポイントについて状況説明をしディスカッションもしてきていますので、しっかり活かして、日本経済の回復・成長に向けて引き続き取り組みを進めていきます。

 そして、次にカタールでの印象。日本での原発事故以来、完全に足元を見られている印象を受けました。基本的に大臣クラスとの会談が多かったわけですが、表面的な親日というアピールとは裏腹に、彼らもLNGの輸出先が事実上日韓に絞られているにもかかわらず天然ガス(LNG)の売り手として非常に強気なスタンスで日本の足元を見ている印象を受けました。特に大きな売り先が日本の電力会社であって、彼らは総括原価方式の下で厳しい価格交渉を行わねばならない環境にない、その点も大きいのかもしれません。独占企業の悪弊が結果的に電力コストの上昇への無策をもたらしている現実を感じさせられました。

 少なくとも世界的に原子力発電は温暖化の急速な進行のもとではやむを得ないものとの認識が共有されている中で、日本だけが政治的にきわめて原油・天然ガス産出国に弱い立場に立たされ、それが世界一高い日本のLNG価格の支払いにもつながっています。ナイーブな議論が実質的には考えられない世界ですので、わが国も価格交渉力や温暖化の観点からもエネルギー戦略を考えていかねばならないと強く危機感を再認識した次第です。

 国会開会中の国会議員の海外への出張は国会の会議がない日の重要な会議であっても原則禁止(外務大臣ですらフレキシブルではない)され、また基本的に毎回自腹での出張ですので、数もどうしても限られてしまいますが、このグローバル競争の時代にあって、世界の中で日本がどうやって競争に伍していけるか、その観点から対外的な説明と状況把握は必要不可欠ですので、今後もしっかりと取り組んでいきたいと思います。

あわせて読みたい

「エネルギー問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    素直に良かった開会式 国内外の取り上げ方に差異

    和田政宗

    07月24日 10:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。