記事

竜田一人『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』

1/2

 「週刊プレイボーイ」のマンガ評「この漫画がパネェ!!!」で竜田一人『いちえふ 福島第一原子力発電所労働記』(講談社)について書いた。本書のオビでも(小さく、だけど)紹介されている。*1

記録マンガとしてすぐれている

 ぼくは、『いちえふ』について、基本的には記録マンガとしての素晴らしさを評価した。これはすでに多くの人が指摘している通りである。

 映像=絵としての記録、というシンプルな意味である。

 文字で読んだ原発のルポでは、空間的な認識をどうしても起こしにくい。30年以上前のルポである堀江邦夫『原発ジプシー』(現代書館)は後述するが大変すぐれた潜入ルポである。しかし、文字によって得られる空間イメージはやはりかなり制限される。ところどころ、作業の写真が載っているのだが、昔の写真であるためか、全体的に黒っぽくてわかりにくい。増補版p.164の写真など何がなんだかわからない。

 竜田『いちえふ』では、作業をすべてマンガ化することで、どのような空間イメージで作業しているのかは、クリアになった。白っぽい画面! 本作を審査した東村アキコがするすると読まされてしまったという趣旨のことを言っているが、少なくとも作業のイメージ化における客観主義は、本作の最大の魅力であり、功績である。

リンク先を見る さらに、描いている作業の着眼点についても評価できる。

 英雄的とみなされる高線量下での作業だけでなく(こうした作品は、高い放射線量のもとでの恐怖、心理とか、そこでの危険な作業、ということにどうしても目がいきがちだ)、その周辺部分の作業である、作業員の休憩所の業務などが丹念に描かれているのに好感が持てた。

 汗の量とかウンコとか鼻のかゆさ。

 ウンコについては1巻で2回(2シークエンス)登場する。

 ウンコというものへの着眼は、「一番目立つ作業が、オモテには見えない、何によって支えられているか」という視点を持っている姿勢の表れだとぼくは感じた。

 文字情報だけでは伝えきれない貴重なイメージの記録として大きな意義がある。これが本書に対する評価の基本スタンスだ。

 ただ、文字のルポには別の強みがある。

 これは、映像・イメージの強みを裏返したものであるが、文字のルポは、余計な情報を削除して、本質的なものをずばり伝えられるということだ。

リンク先を見る たとえば、『原発ジプシー』では、敦賀原発で働いたさいに、放射線の管理区域ではない「二次系」とよばれる作業を鋭く描く。高圧給水器という「なにをする」のかよくわからない狭苦しい機器内の中で、微細な穴(ピン・ホール)が開いてないかどうかを確認する作業をする描写がある。

穴のチェックが三、四回終わったころには、狭い内部の空気がかなり澱んできた。なんとなく息苦しい。天井のボルトに掛けた裸電球のまわりには、キラキラ光る金属破片が浮遊している。マスク代わりに口に当てている薄いウエス〔拭き取り布・雑巾――引用者注〕を通してこれらを吸い込んでいるのかと思うと、さすがにたまりかね、西野さんに、「これじゃ、死んじゃうぜ」とどなってしまった。〔…中略…〕私のすぐあとから西野さんが出てきた。彼の顔を覆っていた手ぬぐいはもちろん、鼻の両端、頬、目のまわりなどが、墨でも塗ったように、まっ黒になっている。たぶん私の顔も彼と同じようにひどく汚れているはずだ。のどがヒリヒリする。鼻をかむと、黒光りした金属の細かい破片が出てきた。(堀江p.34)

 もちろん、マンガでもある程度は可能である。『いちえふ』では、高線量下で作業を終えた労働者が、全面マスクの作業着を脱ぐ際に流れ出る汗を描写していて、熱中症との戦いをしながら作業をしていることを端的に伝える。

 ただ、上記の『原発ジプシー』ほどの情報は、文字の方が強みがあり、イメージ化することはなかなか難しいのではないか。あるいは逆に多くのコマやページを割くことになるだろう。

構造的な問題が描けるのか

 もう一つ。果たして、竜田『いちえふ』は、構造的な問題を描けるのか、あるいは描こうとするつもりがあるのか、という点が気になる。

 原発作業員の労働は、下請が多重構造になっていき、多重化された下の方は、違法な労働がまかりとおり、ピンハネが横行し、安全問題が軽視されている、という問題がしばしば指摘される。

 2012年9月に発行された布施祐仁『ルポ イチエフ 福島第一原発レベル7の現場』(岩波書店)は、「東電は公式には原則三次下請けまでしか認めていない」(布施p.127)としつつ、現実には多重下請化し、本来発注側が指揮命令をしてはいけないのにしてしまう偽装請負が横行していることを告発する。

 布施が取材した東電登録の経営者は次のように述べる。

下にいけばいくほど、自らの利益をどこで出すかといったら、人件費を安く抑えるしかない。材料費は誰がやっても一緒だから、削れるのは人件費。

 いまの法律では、(原発の)すべての工事は請負でやらないといけない。建築土木業は派遣が禁止されているから、名目上は請負だけど、実際は派遣。だから、給料は一日いくらで払うと駄目。一人親方という形にする。〔…中略…〕本当は違法なんだけど、税務署はそれで通る。(布施p.132)

 そして、これが労災隠しをしがちな体質に結びつく、とこの経営者は述べる。

 でもそこで怪我とかしちゃうと駄目。労基署が入ってくると、それでは通らないから。だから、怪我だけはしのいでくれ、と言う。怪我しても、いかに電力にバレないようにするかをまず考える。電力にバレたら、結局次から仕事をもらえなくなってしまう。すぐに隠そうとするのは、悪くいえば、電力がそういう雰囲気をつくってる。何かあると発注停止とか見せしめのようなことをするから、下請けもそうなる(布施同前)

 別の会社の社長は次のように証言する。

「建屋内でグラインダー作業をしていて、砕け飛んだ砥石が目に刺さり、ほとんど失明状態になった人がいました。でも、元請けは、労災を使わないでくれと言ってきた。労災を使わない代わりに、毎月の給料を保証しますよ、と。結局、いつまでも給料を払うわけにはいかないから、二年くらい経ってから数百万払って終わり(示談)にしました。隠しきれないものは労災使わせますけど、何とかなるものはみんな隠してますよ」(布施p.132-133)

リンク先を見る 布施は、「このように、電力会社や元請け会社などが労災を隠そうとしていることに加え、違法な偽装請負の恒常化が、労基署の介入を避けるための労災隠しにつながっている」(布施p.133)と結論づける。

 この問題は、30年以上まえの原発労働の事情として書かれた『原発ジプシー』にもくり返し登場する。原発作業員として働く著者の堀江はマンホールに落ちて骨折する大けがを負うのだが、労災を使わせない。使わせないどころか、大けがをして苦痛にうめいている堀江にたいし、今そこに東電の社員が来ているから立ち上がって仕事しているフリをしろと作業指揮者が強要するのである。労災扱いにさせた人も、敷地外でけがをしたことにしてようやく認めさせたという。

労災扱いにすると、労働基準監督署の立入調査があるでしょ。そうすると東電に事故のあったことがバレてしまうんですよ。……ちょっとマズいんだよ。(堀江p.203)

 2013年5月15日の時点であるが、国会の厚労相答弁によれば、「作業指示している会社と給与支払いの会社が同じか」という問いに作業員の47.9%、実に半数が「違う」と回答している。

福島第1原発 国は違法労働一掃を/参院予算委 田村議員求める リンク先を見る

 「フクシマの真実」ではなく「福島の現実」を描くという本作がこの指摘を否定するのか、修正するのか、それともふれないのか、ということだ。

 『いちえふ』1巻p.33には、「週刊誌のインチキ」として、作業中に心筋梗塞をおこし死亡したケースについて、蘇生したと報じた週刊誌があったが、それはでたらめだと述べている。そのうえで

まぁこの件は東電の発表でもいわきの病院に搬送してから死亡確認ということになっているから東電としても1F(いちえふ)内で死んだことにはしたくなかったのかも知れない(竜田p.33)

とだけ書いている。そして、心筋梗塞だから「勿論被曝との関連はない」(同前)ということを強調している。

 そこが強調されるべきところだろうか、と首をかしげたくなる。

 布施『ルポ イチエフ』では、2011年に心筋梗塞で亡くなったケースで、やはり労災扱いにしようとしない業者(社長)の態度について書いている(このケースでは遺族の奮闘で労災扱いが実現した)。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  3. 3

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  4. 4

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  5. 5

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  6. 6

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  7. 7

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  10. 10

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。