記事

無料でモノが手に入るオークションサイト「Listia」

1/2
画像を見る

僕は服が好きで、月に1回は買い足している。しかし、買い足す一方でクローゼットも散らかる一方......。そのうち、着ようとおもった服が見当たらない! と1人で騒ぎ出す......。独身男性の悲しい朝の光景だ。

こうなるとようやく重い腰をあげてクローゼットを整理しだす。たいして着てもいない洋服たちをダンボールに詰め込んで、自分の無駄遣いをひとしきり嘆いた後、このダンボールの行き先に悩みだす。

一部のブランド品はリサイクルショップに持っていけばお小遣いと呼べる金額にもなるが、良いものでも業者が再販売しにくい商品は引き取ってもくれない。そんな品物がダンボールの中にまだいっぱい残っている。

どうするんだ、これ......。

こんな体験をしたことがある人は、結構いるんじゃないだろうか? 今回紹介する「Listia」は、そんな家にある不要品を処分するのにぴったりのオークションサイトだ。

2009年に創業し、サイトの登録ユーザーは2013年の時点で200万人以上、facebookの「いいね!」は100万人と大人気で、現在までに合計1000万ドル(約10億円)以上の資金調達に成功している。

オークションサイトはeBayをはじめたくさんあるが、このListiaの人気の秘密は「無料」で行えることにあるという。無料のオークションとは一体どういうことなのか、さっそくみていこう。

Listiaのしくみ

Listiaを利用するには、まずfacebookのアカウント、もしくはeメールアドレスを使って登録が必要だ。ログインするとオークションに出されている商品が閲覧できるようになる。

画像を見る

商品の売買には金銭でなく、「Listia Credit」と呼ばれるクレジットを利用する。同サイトが「無料のオークション」と呼ばれるゆえんだ。

自宅にある洋服やゲームなどの不要品をオークションにかけるとクレジットを得る。そのクレジットを使い、サイトに掲載されている品物を入手する。クレジットを購入する手段もあるが、お金をまったく動かさずに物々交換を行うことも可能だ。

サイトの基本的な利用方法は一般的なオークションサイトと変わらない。不要なものを出品する際は、商品名やカテゴリなど、必要事項を記入するのみの簡単な手順で、登録料や手数料もかからない。

画像を見る

写真掲載や商品説明を省いての出品も可能だが、それでは入札数を伸ばすのは難しいため、写真や詳細な説明をつけるケースがほとんどのようだ。

出品した商品は、現在の入札クレジットや締切までの残り時間、商品の所在地、配送の形式、出品者の情報、入札履歴などが表示されるようになる。

画像を見る

出品後の質問やコメントなどは入札ページの下に表示される「質問・コメント」欄で受け付ける。コメント欄は他のユーザーにも公開されており、ユーザー同士のコミュニケーションの場としても活躍しているという。

Listiaの良質な出品者には、信頼度やステータスを示す「バッジ」アイコンが与えられるのも同サイトの特徴だ。

画像を見る

バッジには「電話番号確認済」「クレジットカード、銀行口座確認済」などユーザーの身元を証明するものから、落札者からポジティブな評価があったときにグレードが上がっていくものまであり、積み重ねた信頼の証であると同時に、信頼をひと目でチェックできる目安となる。

商品の引き渡し方法は「配送」と「現地で受取」のどちらか、もしくは両方のオプションを選ぶことができる。「現地で受取」は、オークション成立後引き渡し場所を決めるなどのやり取りが必要になるが、近場に住む人同士であれば送料の節約になるのが利点だ。

なお、Listiaでは上記にようなオークションの他に、貯めたクレジットを使ってサイト内のショップ「Rewards store」で商品を購入する、という使う方もできる。

画像を見る

「Rewards Store」に出品しているのはWalmartやBest Buyなどの提携会社だ。オークションと比べてより多くのクレジットが必要となるが、新品の商品を無料で入手できる。まさに「Rewards(ご褒美)」というわけだ。

これはクレジットカードなどの利用ポイントで商品がもらえるしくみに似ている。実際の商品をオークションに出したクレジットを使って商品を入手する「物々交換」という点で、ListiaのRewardsは非常にユニークだといえるだろう。

あわせて読みたい

「EC」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。